勝負師たちの系譜

棋士の実力示す指標 「順位戦」と「竜王戦」ランク付けの意味 通算成績も1/2ページ

棋士は様々な棋戦を毎年戦いながら、誰が強いかのランク付けを繰り返している。

ランク付けの最たるものは、8つあるタイトルを誰が持っているかということで、これは誰が見てもわかりやすい。

現在は竜王、王位、叡王、棋聖を持つ藤井聡太四冠が1位。次は名人、棋王、王将の渡辺明三冠が2位。そして永瀬拓矢王座と、この3人だけがタイトルを持っている。

タイトル以外のランク付けだと、A級からC級2組まで5クラスある順位戦。1組から6組までの6クラスある、竜王戦の組がある。

A級(定員10人)と1組(同16人)が最も格上で、両方最高ランクにいる棋士が、タイトル保持者以外ではランクが高い棋士と言える。

現在それに該当するのが、豊島将之九段、羽生善治九段、佐藤天彦九段、糸谷哲郎八段、山崎隆之八段の5人だけ(タイトル保持者を除く)で、この5人はほとんどがタイトル経験者である。

ただし順位戦と竜王戦のクラスが、大きく違う棋士が何人かいる。その差が最も大きいのが、私の弟子でもある八代弥七段だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  4. 広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由

  5. 日本人初メジャー2勝逃すも…しぶこ、涙のちスマイル!1打差3位

  6. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  7. 与党内紛、物価上昇、高い貧困率…韓国・尹大統領の止まらぬ支持率低下

  8. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  9. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  10. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ