華川瑶香の未来を輝かせる占星術

双子座・射手座・天秤座・水瓶座の人は、クジ運やツキに恵まれる 双子座はメールや年賀状を書くのもラッキー1/1ページ

12月19日は双子座で満月。時間は13時35分。水瓶座に滞在中の「木星」も好角度を取るこの日は、双子座・射手座・天秤座・水瓶座の人は、クジ運やツキに恵まれそう。また双子座は言葉や情報と関係する星座。今年世話になった人や大切な人に、クリスマスカードやメールを送ったり、年賀状を書くのもラッキー。素直な気持ちを伝えて。

★12月19日~25日の運勢★

牡羊座(3/21~4/19) 仕事面でチャンス到来。いい意味での野心が湧いてくる今週は、熱意が大切に。やりたいことや希望がある人は、熱く伝えると発展のきっかけをつかめる。クジなどは職場の近所で購入が吉。【色】金色【数】3【物】マフラー

牡牛座(4/20~5/20) 金運&プレゼント運が絶好調。うれしいギフトや臨時収入に恵まれそう。ただし来年は少々出費が増えそう。ボーナスなどは貯蓄にまわしておいて。仕事は多忙。効率重視で頑張って。【色】ベージュ【数】2【物】長財布、天丼

双子座(5/21~6/21) 春から努力してきたことにスポットライトが当たる週。大喜びとまではいかなくても、うれしい知らせを受け取れる週。新しいことの開始も吉。健康面ではノドの不調に注意して。【色】黄色【数】1【物】ウガイ液、ハチミツ

蟹座(6/22~7/22) 直感力がさえる。自分の感覚を信じて動いてみると、突破口が開けそう。恋愛運&対人運も好調。サポーターにも恵まれる週。困っていることは人に相談してみると助けてもらえそう。【色】緑【数】7、12【物】クリスマスリース

獅子座(7/23~8/22) 好情報に恵まれる。人の話はよく聞くようにすると、必要な情報を入手できそう。疲れがたまっている人は、マッサージやペットとの交流に心癒やされそう。早寝早起き生活も運気UPに◎。【色】オレンジ【数】6【物】パソコン

乙女座(8/23~9/22) 新たな目標がひらめく週。少し遠出したり、山登りなどで高いところに登ってみると、直感力もUPできそう。神社参拝なども◎。仕事運も好調。楽しく仕事に取り組める週。【色】シルバー【数】9【物】スニーカー、弁当

天秤座(9/23~10/23) ツキに恵まれる週。今年挑戦しそびれていたことがある人は、今週思い切ってチャレンジを。引き続き大掃除にもツキあり。クジ運も◎。自宅や実家の近所の売り場で購入すると当選率UP。【色】ピンク【数】4【物】雑巾、宝クジ

蠍座(10/24~11/21) 充実感を感じられる週。気持ちが豊かになるような食べ物を食べたり、趣味に没頭したり、温泉などでゆっくりする時間を作ると金運も健康運もUPできそう。お墓参りも◎。【色】紫【数】8【物】ドライフルーツ、日本酒

射手座(11/22~12/21) 対人運が好調。人にも自分にも寛容になれる週。今年頑張った自分をほめたり、人にも優しい言葉をかけてあげるとツキを引き寄せられる。クジなどは人との共同購入にツキあり。【色】ボルドー【数】7【物】サングリア

山羊座(12/22~1/19) 欲が湧いてくる週。あれもこれもと欲張るよりも、今一番欲しいものについて考えてみると突破口が開けそう。恋愛面ではモテる。金運も絶好調。ネットでお得な買い物ができる週。【色】紫【数】1、11【物】チョコレート

水瓶座(1/20~2/18) 運気は快調。気合を入れて活動したい一週間。早め早めの行動にツキがあるので、やりたいことがある人は迷わず即挑戦を。転職活動なども頑張り時。クジ運&金運は週末が幸運日。【色】ラベンダー【数】1、5【物】馬券、そば

魚座(2/19~3/20) 愛情豊かになれる週。特に家族には、素直に愛情表現してみると、ここ最近のわだかまりも解消できそう。対人関係も広がる週。飲み会やパーティーには積極的に参加してみて。【色】水色【数】4、11【物】炭酸水、シャンパン

■華川瑶香(かがわようこ) 占星術家・ヒーラー。現在までに6000人以上の依頼者を鑑定。専門は西洋占星術、風水、シータヒーリング他多数。著書は「誕生日☆事典」(KADOKAWA)他。http://presenttime.jp/

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  7. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  8. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」

  9. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  10. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」