トラトラ株

再生誘導医薬開発品が本試験移行達成、ステムリム「レダセムチド」に脚光 ジェイテック、コロナ感染減で復調 ジオマテック「HRDP」の海外向け量産出荷開始1/2ページ

FRBは、15日まで開いた年内最後のFOMCで、労働市場の強さとインフレ圧力の高まりを踏まえ、テーパリングを早めることを決めた。また「ドットチャート」では、2022年中に3回の利上げを示唆した。

このように、FRBがインフレに対処する姿勢を示したことを株式市場は好感した。同日のNYダウは3日ぶりに反発し、前日比383・25ドル高の3万5927・43ドルだった。

また、利上げ前倒しが将来のインフレや景気拡大を抑えるとの見方から、米長期債相場も底堅く推移した。このように外部環境が改善している。日本株についても年末高が期待できそうだ。

まずステムリム(4599)は13日、同社から塩野義製薬(4507)へ導出済みの再生誘導医薬開発品、レダセムチドについて、塩野義製薬により実施された急性期脳梗塞の患者を対象とした第Ⅱ相試験に関し、今般塩野義製薬より本試験の主要評価項目を達成した旨の連絡があったことを公表した。これが注目ポイント。

今後は本試験の良好な結果を踏まえ、塩野義製薬においてグローバル第Ⅲ相臨床試験への移行に向けた準備を進めていく予定だという。

次にジオマテック(6907)は、14日、「三井金属鉱業株式会社と協働で量産体制を整えている次世代半導体チップ実装用特殊ガラスキャリア『HRDP』の海外向け量産出荷開始に関するお知らせ」を発表した。これが注目ポイント。

同社は、三井金属鉱業が事業化を推進している次世代半導体チップ実装用特殊ガラスキャリア「HRDP」に薄膜を提供している。三井金属鉱業は、海外のICチップ実装デバイスメーカー向けに、21年11月より「HRDP」の量産出荷を開始した。この客先では、「HRDP」を用いて、SiPモジュールを5G市場向けや、その他さまざまな先端用途向けで製造し拡販していくことが計画されている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  7. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 【菅原大地のサイコースイング】スイング作りの練習とショット練習は分けて考える

  10. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を