韓国駆逐艦の「レーダー照射事件」から3年…岸田政権の外交姿勢は? 森外務次官と姜大使が初会談 松木氏「日本政府は手を差し伸べてはいけない」1/2ページ

森健良次官
森健良次官
その他の写真を見る (1/3枚)

森健良外務事務次官は20日、韓国の姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使と外務省で非公式に会談した。6月に森氏が次官に就任して以降、両氏が面会するのは初めて。いわゆる元徴用工や元慰安婦をめぐる問題で、韓国側に適切な対応を求めたとみられる。この日は、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への「レーダー照射事件」からちょうど3年。岸田文雄政権には毅然(きぜん)とした外交姿勢が求められる。

会談は約30分間。姜氏側は、森氏に早期の会談を申し入れていたが、韓国側による「反日」暴挙=別表=があり、実現していなかった。

日韓関係をめぐっては、林芳正外相が今月、英国で開かれたG7(先進7カ国)外相会合の際、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相と短時間立ち話をし、外交当局間の意思疎通を加速することで一致し、調整が進んだもようだ。

第2次岸田内閣で、政界屈指の「親中派」である林氏が外相に起用された際、韓国・中央日報は「(林氏は)韓国国会議員との関係も厚い」「韓国にも関心が高い」と歓迎するように報じていた。

森―姜会談が行われた20日は、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用レーダーをした事件から3年となる日だった。レーダー照射は攻撃寸前の危険な行為であり、防衛省は当時の状況が分かる映像を、動かぬ証拠として公開したが、韓国側は謝罪どころか、反論してきた。

会談で、事件について協議されたかは不明だが、姜氏は正面玄関を避けて外務省に入り、会談後の取材に応じなかった。

岸田政権下での今回の会談をどう見るか。

朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「非公式でも、韓国側と会談をする必要など全くない。謝罪の意志も示さず、すべての暴挙を棚上げする。これが韓国の外交手法であり、日本政府は手を差し伸べてはいけない。文在寅(ムン・ジェイン)政権が、国民や米国に日韓関係改善のアピール材料にするだけだ」と指摘した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 【スクープ最前線】ロシア・中国の武力侵攻〝Xデー〟は!? アメリカの在ウクライナ大使館員を国外退避へ 万が一屈服なら「史上最低の米大統領」に

  3. 佐渡金山の世界遺産推薦見送り問題 高市氏が林外相を追及!「国家の名誉に関わる。年度内にすべきだ」「韓国への外交的配慮あるのか」

  4. MCクラスに〝最大警報〟芸能界はリモートに逆戻りか オードリー春日に続いて若林もコロナ感染 麒麟・川島明には「各局を挙げて防ごうと…」

  5. 症状が似ているオミクロン株感染と花粉症 注意すべきは「相互作用」

  6. 【日本の危機】コロナ危機経て岸田首相「司令塔機能の強化」へ あらゆる緊急事態・複合災害に対応するため、米国FEMAのような組織作るべき

  7. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】北条政子(小池栄子) イメージとは異なる新たなキャラに期待

  8. 【元文春エース記者 竜太郎が見た!】前澤氏にゾッコンの新恋人・梅村妃奈子「月告白」まで待てるか 「ドラムと保護活動」でつながる

  9. 【トップ直撃】モスバーガー50年 進化するおいしさ求め、守り続けるDNA モスフードサービス・中村栄輔社長

  10. 菅直人氏「ヒトラー」投稿、維新が立民に謝罪要求 吉村副代表「とんでもない発言だ」