ヤクルト村上“真”ゴジラ超えへ 5年後に海外FA、メジャーへの道 年俸は松井氏上回ったが…「個人成績はまだまだ余力ある」三冠王への期待も1/2ページ

契約更改交渉後の会見を終え、記念写真におさまるヤクルト・村上宗隆
契約更改交渉後の会見を終え、記念写真におさまるヤクルト・村上宗隆

セ・リーグMVPと初の本塁打王を獲得したヤクルト・村上宗隆内野手(21)が20日、契約更改交渉に臨み、1億2000万円増の年俸2億2000万円プラス出来高払いでサインした。高卒5年目野手ではオリックス・イチロー、同じ背番号「55」を背負った巨人・松井秀喜の1億6000万円を超える史上最高額。真の〝ゴジラ超え〟へ、球団の期待は膨らむ一方だ。 (塚沢健太郎)=金額は全て推定

年俸面で国民的スターの2人を超えた村上は、「すごく光栄でありがたいことですけど、まだまだ比べられるほどの成績ではない。まだまだ始まったばかりなので、そういった方々に肩を並べて野球人生が終われればと思っています」と謙虚に語った。

打率は昨季の・307から・278に下がったが、39本塁打と112打点は自己最多。成績のみの査定では1億円増だったが、「青木もいるけど、表立ってチームを引っ張っていたのは村上。そういった面などを評価し直して、この額に落ち着いた」(球団幹部)と、リーダー料も加味され2000万円が上積みされた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  6. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 【菅原大地のサイコースイング】スイング作りの練習とショット練習は分けて考える