武蔵野市「外国人条例案」否決に自民・長島氏「他自治体への警鐘になる」1/1ページ

自民党の長島昭久氏
自民党の長島昭久氏

東京都武蔵野市の「外国人住民投票条例案」が、21日の市議会本会議で否決された。条例案には、市民の理解が広まっていないうえ、「外国人参政権の代替として利用されかねない」などと懸念が指摘されていた。今回の結果を受け、同市を地盤とする自民党の長島昭久元防衛副大臣が激白した。

「武蔵野市民、市議会の良識が示された。条例案がさまざまな問題点を抱えたまま、かなり閉鎖的な状況下でつくられたことへの、市民の不満や疑問点に市当局が応えきれなかったことが大きい。他の自治体への警鐘にもなった」

長島氏は語った。

注目の条例案は、外国人にも「市内に3カ月以上住む18歳以上」であれば、日本人と区別せずに住民投票の権利を与える内容だった。

長島氏は、安全保障やエネルギー問題など、国政に関わる案件が住民投票に付された場合、「他国の政治勢力が悪用し、その意思が市政に影響しかねない」として、街頭演説や反対署名などの先頭に立ってきた。

21日の採決は、全25人の市議(議長除く)のうち「賛成」11票、「反対」14票で決した。賛成が2人増えれば可決する、薄氷の否決だった。

条例案を提案した松下玲子市長は採決終了後、「住民投票条例は定めなければならない」と述べ、議会や市民の意見を踏まえて条例案を検討し、再度市議会に提案する方針を明らかにした。

長島氏は「住民投票制度での外国人参加のあり方を議論するのに、あと数年は必要だろう。松下市長側の出方を注視したい。武蔵野市と同様の動きが、他の自治体で出てくることもあり得る。国の権限に関わる問題について、外国人の住民投票は差し控える立法化も考えるべきではないか」と語っている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  5. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  10. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ