時代劇専門チャンネルにて 名優・北大路欣也の足跡を辿る「新春三が日 北大路欣也祭り」1/1ページ

大人気オリジナル時代劇シリーズ 最新第5作「三屋清左衛門残日録 陽のあたる道」がついに放送

2022年のお正月は、時代劇専門チャンネルにて「新春三が日 北大路欣也祭り」が開催される。北大路欣也主演の人気オリジナル時代劇シリーズの最新第5作「三屋清左衛門残日録 陽のあたる道」をはじめ、名作時代劇映画や巨匠とタッグを組んだ大作を放送。新春三が日は日本が誇る名優・北大路欣也の名演を堪能しよう。

北大路欣也 最新作インタビュー

北大路欣也主演のオリジナル時代劇『三屋清左衛門残日録』シリーズは、藤沢周平の傑作長篇小説(文春文庫)を原作に、前藩主用人・三屋清左衛門と彼を取り巻く人物たちの物語を描いてきた。

1月3日(月)午後7時から放送される最新第5作「陽のあたる道」で北大路は、家族と過ごす穏やかなひと時と旧友との再会がもたらす事件のはざまで、日々の暮らしに真摯に向き合う清左衛門を演じており、「魅力のある主人公で、僕にとっての理想像です」と話す。

北大路は2016年放送の第1作から清左衛門を演じ続けてきた。これまで数多くの時代劇を経験してきたベテラン俳優でも、清左衛門の生き方には魅了されるという。

「実年齢では僕の方が清左衛門よりも上ですが、それでも追いつかないほど懐の深い素晴らしい人物。第1作からずっと憧れの気持ちで挑戦してきました」

今回は勝野洋や木場勝己、小野武彦、西岡徳馬ら実力派俳優が集結。撮影は新型コロナウイルス禍のさなか、東映・京都撮影所で行われた。

「スタッフたちは、私が想像する以上に神経を使っていたと思います。私が京都撮影所で働かせてもらって65年になりますが、この頃は若い人たちが現場を仕切っている。そんな姿を見ると、やっぱりうれしいですね」

同シリーズのような時代劇を通して、「生きるために教わってきた文化を伝えていきたい」という。

「世界の方々が認める日本独特の文化があるわけですから。現代劇と違って、時代劇であればお客さまも一歩引いて見てくださる。その中で、先人から教わったことを体現するのが僕らの仕事だと思っています」

4K撮影による高精細な映像表現も見どころ。撮影所が誇る伝統技術によってつくり上げられた世界観が、美しい映像で楽しめる。(※放送は2Kダウンコンバート)


「三屋清左衛門残日録」シリーズ一挙放送

1月1日(土)、2日(日)には、この「三屋清左衛門残日録」シリーズの歴代4作も完全放送。

「登場篇」「完結篇」「三十年ぶりの再会」「新たなしあわせ」と、老境の人間模様を温かな視点で描いてきた本シリーズはいずれも幅広い層から好評を博した作品ばかり。変わらない人の想いを鮮烈に描き出し、最後は爽やかな気持ちになれる…まさに新春にふさわしいシリーズだ。

主演の北大路をはじめ、優香、松田悟志、小林綾子、麻生祐未、伊東四朗らお馴染みのキャスト陣と、各作に登場する実力派俳優との共演も堪能してほしい。


番組ゲストに北大路欣也登場!名匠・深作欣二とタッグを組んだ傑作も放送

さらに今回は北大路出演の名作映画も特集。

元日から、北大路が時代劇映画黄金期のオールスターと共演した過去の名作時代劇映画が登場。北大路の映画初出演作にして実父・市川右太衛門との共演作でもある「父子鷹」(1956年)や、片岡千恵蔵、松方弘樹ら当時の東映オールスターそろい踏みの痛快時代劇「天下の御意見番」(1962年)など時代劇ファン垂涎のラインナップとなっている。

北大路が名匠・深作欣二とタッグを組んだ傑作やくざ映画「仁義なき戦い 広島死闘篇」<4Kニューマスター版>(1973年)の番組ゲストには北大路が登場!軽部真一フジテレビアナウンサーと貴重な対談を繰り広げる。さらに、日本映画史に残る超大作「八甲田山」<4Kデジタルリマスター版>(1977年)も必見だ。

ほかにも北大路主演、池波正太郎原作の人気時代劇「剣客商売」から人気作4作を一挙放送。60年以上にわたって時代劇・現代劇の第一線に立ち続ける名優の足跡を辿る、またとない機会となるだろう。北大路ファンはもちろんのこと、時代劇ファン、映画ファンにも見逃せない3日間になりそうだ。

放送作品一覧

■「新春三が日 北大路欣也祭り」
時代劇専門チャンネルで1月1日(土)から3日(月)まで連日午後1時から放送。 ※姉妹チャンネル・日本映画専門チャンネルでも同時放送

最新作「三屋清左衛門残日録 陽のあたる道」
1月3日(月) 午後7時


■「三屋清左衛門残日録」シリーズ5作完全放送
■北大路欣也×時代劇映画黄金期オールスター
「父子鷹(おやこだか)」、「水戸黄門 助さん格さん大暴れ」、「天下の御意見番」

■北大路欣也×日本映画の巨匠・名優
「仁義なき戦い 広島死闘篇」<4Kニューマスター版>、「漂流」、
「八甲田山」<4Kデジタルリマスター版> ※4K作品は2Kダウンコンバートにて放送

■北大路欣也主演「剣客商売」4作一挙放送
「剣客商売 御老中暗殺」、「剣客商売 剣の誓約」、「剣客商売 鬼熊酒屋」、「剣客商売 陽炎の男」
お問い合わせは時代劇専門チャンネルお客様総合窓口 TEL0120-200-292(午前10時~午後8時/年中無休)、または時代劇専門チャンネルHP(https://www.jidaigeki.com/)まで。


提供:日本映画放送株式会社

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  3. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  4. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  7. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  8. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. 前澤友作氏に“新恋人” お相手は16歳差のドラマー梅村妃奈子 昨年4月に剛力彩芽と破局