箱根駅伝外伝~東洋大元監督・佐藤尚が語る~

(19)「ここまでの悪天候は予期していなかった」第89回大会 第90回大会で2年ぶり4度目の優勝2/2ページ

穏やかな天候だった第90回大会は、3年連続で〝花の2区〟の大役を務めた設楽啓を5区に起用するほど、東洋大は豪華な布陣だった。

「前年に入学した服部勇馬(2年)が出雲で区間賞を獲得するなど成長していたので、監督が起用したと思います。2年連続で1区の田口雅也(3年)が、3位ながらも歴代9位の好タイムで流れを引き寄せ、勇馬が2位で悠太に襷をつなげると、あとはゴールまでずっとトップでした」(佐藤)

箱根ラストランの設楽兄弟だけでなく、5人が区間賞を獲得した。復路の7区でルーキーの服部弾馬、8区では高久龍(3年)、アンカーの大津顕杜(3年)はMVP(金栗四三杯)にも輝く。

東洋大は復路を新記録で制し、2年ぶり4度目の優勝を果たした。

「熊本市立千原台高校出身の大津は、谷川嘉朗コーチの後輩だったので獲得に動いてもらいました。栃木県の那須拓陽高校出身の高久は、指導していた先生から『間違いなく距離の長いロードが向いていますよ』と紹介されました。話をしても気持ちが強くて、『伸びるだろうな』と思いましたね」(佐藤)

高久は2人の恩師の想像通り、今年の福岡国際マラソンで5位(日本人3位)に入賞し、23年のMGC(マラソングランドチャンピオン、24年パリ五輪の選考会)出場権を獲得している。

次々に世界を狙えるトップランナーが現れるなか、意外にも三大駅伝の1つ、伊勢路だけ制覇していなかった。(敬称略)

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

  4. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  5. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  6. 迫る「22歳定年」ジャニーズタレントの岐路 Sexy Zone・マリウス葉の活動休止、制度に触発か 「ビジネスの勉強」など一部報道も

  7. 【藪から棒球】指導者の育成が急務! 阪神・矢野監督の後任報道に鳥谷敬氏、藤川球児氏も…最低3年、2軍監督で経験積ませるべき

  8. 明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生

  9. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  10. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」