縁起モノとされる「春財布」に。おすすめの財布5選1/1ページ

縁起モノとされる「春財布」に。おすすめの財布5選
縁起モノとされる「春財布」に。おすすめの財布5選

風水では、「春」は、「張る」とかけて、財布を買い替えるのに縁起がいい季節とされています。「春財布」は、「お金で財布が張る(春)」と言われており、この時期に買い替えた財布は金運を呼び込むという意味が込められた縁起モノとされています。春は、就職や入学、転居など、多くの方々が新しい生活を始める季節。日常で使うものも新調して、心機一転、新たな生活をスタートさせようと考えている方も多いのではないでしょうか? そこで今年も、産経ネットショップのおすすめ「春財布」をご紹介します。

■ミラグロ 英国C.F.Stead社製レザー(5,940円~1万4,850円)

英国製の高級レザーを使用した財布

原皮にフランス産カーフを使い、気泡のような細かい型押しを施した英国Charles F. Stead社によるレザーを使用。自然な風合いを残したベジタブルと、革に強さと綺麗な色を出すクロムのコンビネーションレザーは英国の高級シューズブランドなどでも採用されています。

内側には、イタリア製ナチュラルレザー(ヌメ革)を使用しています。表の革と違い、経年変化によりアメ色に変わっていきます。

薄型でコートのポケットに収まるミディアムサイズの財布など、使いやすさも重視された全4種販売中です。

■ミラグロ リアルカーボンファイバー(7,480円~1万6,500円)

鉄の10倍強度があり、1/4の重さと言われている炭素繊維(カーボンファイバー)を綾織りし、ソフトシートに加工したリアルカーボンシートを使用した財布。カーボン独特のブラックを基調とした柄が精悍さを醸し出します。

内部には本牛革を使用。ファスナーはYKKのガンメタリックカラーのコイルファスナーを採用し、表面のカードポケット部分にはイタリアンレザーを使用しています。

ベーシックな二つ折り財布から大容量の蛇腹式の長財布まで全10種販売中です。

■革職人 レザーファクトリー デュアルライン(7,370円~2万5,300円)

天然素材にこだわった、国内最高峰の皮革製造メーカーである栃木レザーのオイルヌメ牛革を使用。手に吸い付くようなやわらかい手触りで、使い込むほどに味がでる経年変化を存分にお楽しみ頂けます。ブランドイメージカラーのブラウンとオレンジの刺繍がアクセントになっています。

ベーシックな長財布から、小銭入れが付いたスマートキーケースや、札ばさみと定期入れ付きの二つ折り財布など、ユーザーのニーズに応えたデザインの全8種を販売中です。

■プレリーギンザ ナチュラルコードバン(1万3,200円~3万3,000円)

革の王様、コードバンの財布をお探しなら、日本のレザーファクトリー、プレリーギンザの「ナチュラルコードバン」がおすすめ。

ヨーロッパから取り寄せた原皮を、世界で有数の技術を誇る日本のタンナーが約6カ月もの歳月をかけて仕上げたコードバンは、使い込むほどにダイヤモンドのように光沢を増します。

必要以上の機能や付加価値を足すのではなく、本当に必要なものだけを残したミニマムなデザインの全8種販売中です。

■オゴン(2,750円~11,000円)

2000年代初頭にスウェーデンで誕生し、現在はフランスのブランドとして世界各国に洗練されたアイテムを送り出しているOGON(オゴン)。北欧とフランスのセンスを融合させたスマートなデザインで、高い評価を得ています。

アルミニウム素材を使った多くのモデルはスキミング防止の機能も兼ね備えており、防犯面も安心です。

アタッシュケースのようなルックスで中が蛇腹ポケットになっていて、見やすく取り出しやすいカードケースや、日本円の硬貨が種類別に収納できるように作られたコインケースなど全9種販売中です。

価格はすべて税込み、送料無料。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>





zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  5. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  6. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  7. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  8. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  9. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目