男の雑貨・店巡り

日本初のロシア食材専門店だ! 銀座専門店グルメ後編「赤の広場」1/1ページ

日本初のロシア食材専門店。珍しい食品も多く週末は行列ができることも
日本初のロシア食材専門店。珍しい食品も多く週末は行列ができることも
その他の写真を見る (1/3枚)

今年3月にオープンした日本初のロシア食材専門店「赤の広場」。店内には現地から直輸入した約500点が並ぶ。オーナーはウクライナ出身のミヤベ・ヴィクトリアさん。数年前にネットショップを立ち上げ、念願のリアル店舗開店にこぎつけた。

扱う商品はロシアで日常的に食べられているものばかりだ。お菓子やお茶、瓶詰め・缶詰めほか、自家製ピロシキやロシア風餃子など、ここでしか買えないアイテムも多い。

一番人気は「スィローク」というカッテージチーズを棒状に固めたデザートだ。控えめな甘さで「プレミアムチーズ(ダークチョココーティング)」(322円)ほか多彩な種類があり、ワインなどのつまみとしてもイケる。

鮮やかなロシア風パッケージのチョコレートはギフトにもおすすめ。大統領の顔写真をあしらった「プーチン大統領ダークチョコレート」(324円)はおみやげに好評だ。

紅茶文化もロシアの伝統。帝政ロシア時代からの古都、サンクトペテルブルクではさまざまな紅茶が作られている。「ミックスベリーロシアンティー」(486円、25パック)など、独特のフレーバーやブレンドが味わえるティーバッグや茶葉が豊富にそろっている。

キノコ大国ロシアを代表する瓶詰めも売れている。「樽詰め塩漬けアンズタケ」や「アンズタケのマリネ」は、ほのかな甘い香りが特徴のキノコの風味を生かしたもの(各1188円)。そのままで食べられ、前菜やサラダ、パスタの具材に使える。

「自家製ブラッドソーセージ」(864円)など、ソーセージ類にも挑戦したい。ロシアでは遺伝子組み換え食品の製造・輸入が禁じられており、安心安全な飼料で育った豚や牛の肉を使用している。

※価格はすべて税込み。

《今回の取材店舗》

赤の広場 銀座店

東京都中央区銀座1の20の14

03・6263・0773

営業時間 11時~19時(土日祝11時~18時)。年内は30日まで。新年は5日から営業。

▷公式サイト&オンラインショップ https://victoriashop.jp

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 【マンション業界の秘密】「利用価値」で決まる不動産の資産価値 マンションなら家賃の何年分であるか

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言