健康にスイッチオン! 医師が教える温泉活用術

寒暖差や〝隠れ脱水〟に要注意 入る前に緑茶を1杯飲み、かけ湯を十分してから正しい入浴法で2/3ページ

特に注意したいのが朝風呂。睡眠中に水分が失われた状態のまま入浴すると、脱水状態につながる恐れがある。朝風呂に入る前には、緑茶を一杯飲むなど水分を補給することが大切だ。

旅の気分も手伝って「朝から一杯」という人もいるかもしれない。アルコールは利尿作用で脱水を後押しするため、まずは水や緑茶などノンアルコールを選ぼう。

「緑茶以外にも、お風呂上がりの牛乳もお勧めです。牛乳には、脱水を予防するタンパク質成分が含まれていることが、科学的に証明されています。もちろん、スポーツドリンクやフルーツジュースでもいいですよ」

入浴後は、全身に血液が巡って胃腸の血液が不足しているため、すぐに食事をすると胃腸の調子が悪くなることがある。入浴後はのんびり過ごして、30分程度経ってから食事をとると良い。

温泉施設によってはさまざまな泉質を楽しめるように工夫されているが、1日に何度も湯に浸かると湯疲れするので、ご用心。一石教授伝授の正しい入浴法(別項)を参考にしてほしい。

「温泉の素晴らしい効能効果は、科学的に解明されつつあります。温泉を上手に活用して、ぜひ健康に役立ててください」 (取材・安達純子)

■一石英一郎(いちいし・えいいちろう) 国際医療福祉大学病院内科学・予防医学センター教授。医学博士。1965年神戸市生まれ。京都府立医科大学卒。京都府立医科大学免疫内科で免疫学などを学び、東北大学大学院医学研究科内科病態学客員教授などを経て現職。日本内科学会の指導医で、米国がん学会の正会員でもある。厚労省温泉入浴指導員の資格も持つ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  6. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露

  7. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  8. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」