夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

外食のノウハウ生かし「おいしい+驚き」の新名所へ 「おかしパーク」(蛸屋)2/2ページ

場所は蛸屋の工場敷地内。18年、手始めに直売所を開設して近所の人が気軽に出来立てのお菓子を買えるようにした。20年には甘味処をオープンすると共に工場を囲んでいた高い塀を取り壊し、さらに建物内を回遊できるように古い倉庫を改造。販売店やメニューを増やし、11月16日にグランドオープンした。

館内では、お菓子の製造をガラス越しに見学でき、職人によるお菓子教室も開催。一番人気の商品「みかもの月」(190円)の作り立ての詰め放題(390円)や、昔からの商品をアレンジしたパフェなどを提供する甘味処も行列が出来るほど話題になっている。

また、某大手企業とコラボしたバームクーヘン専用AIオーブンTHEO(テオ)は、マイスターの技術をAIに記憶させたもので、世界で初めておかしパークで稼働しているのも目を引く。

長年地元で愛されてきた蛸屋の集大成である「おかしパーク」を小山市の新名所にしたいと言う青谷氏。従業員が自主的に、遠く離れた十字路で「おかしパーク こちら」の看板を持って立つ姿を見て、人も会社も一生懸命にやることで支持され、成果につながると確信した。最近では、日光・那須方面の旅行帰りの団体の来館予約も入りはじめ、順調な滑り出しに笑顔がこぼれる。

「白いどらやき」や、中に餅の入った「子持ちたい焼き」など、おいしさのほかに驚きや楽しさを味わえる発想も蛸屋の特徴だが、今後はさらに「お菓子は甘い」という概念も捨て、新商品を開発していくことでこの業界を変え、成長させていきたいと青谷氏は語る。 (取材・福士由紀)

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  6. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  7. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  8. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  9. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」

  10. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず