中国の人権弾圧許すな! 山田氏ら、9団体の要望書手渡す 中谷・国際人権問題補佐官「しっかりと受け止める。同法をつくるとの考えは変わってはいない」1/1ページ

中国の人権弾圧許すな!
中国の人権弾圧許すな!
その他の写真を見る (1/2枚)

自民党の山田宏参院議員と長尾敬前衆院議員は24日、中谷元(げん)首相補佐官(国際人権問題担当)と官邸で面会し、中国当局による人権弾圧の当事者である日本ウイグル協会など9つの民族団体から託された、日本政府への要望書を手渡した。9団体は日本が人道国家として中国の暴挙を許さず、中国の人権問題の改善に積極的に関わるよう求めた。

「人権重視の欧米諸国と歩調を合わせた対応を日本政府には求めたい。中谷氏は必ず歩みを進めてくれると信じたい」

山田氏は面会後、夕刊フジにこう語った。

ジョー・バイデン米政権は、中国当局による新疆ウイグル自治区での人権弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」に認定し、英国やEU(欧州連合)などと制裁措置を発動している。これに対し、岸田文雄政権の「発信」は極めて弱い。民族団体は要望書で、日本政府に対し、①「中国の人道犯罪を黙認しない」との明確なメッセージを出す②中国による強制労働の関与が疑われる物品の取引をサプライチェーン(調達網)から着実に排除する③中国に国際的な「人権査察団」受け入れを要請する④中国の弾圧から逃れて日本にいる当事者の身の安全を保証する法整備―などを訴えた。

山田氏らは先の面会で、「外国での深刻な人権侵害に制裁を科す『日本版マグニツキー法』をつくり、情報収集能力も高めてほしい」と求めた。

中谷氏は「しっかりと受け止める。同法をつくるとの考えは、いささかも変わってはいない」と応じたという。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を