虎のプリンス伝説 SHINJYOメモリアル

(19) トレーナー陣への不信感が招いた〝激やせ〟1/1ページ

右肘の痛みは日常生活に支障の出るレベルだった=1996年2月
右肘の痛みは日常生活に支障の出るレベルだった=1996年2月

日本ハムの〝BIGBOSS〟こと、新庄剛志新監督(49)がスターへの階段を駆け上がった阪神の若手時代。当時の番記者が「虎のプリンス」の事件簿を紐解きます。

前年オフの引退騒動でミソを付けた新庄だが、年が変わって1996年も〝お騒がせ男〟ぶりは健在。大事な商売道具の右肘に痛みなどの異変が生じたのに、トレーナー陣に一切報告せず反感を買ってしまったのだ。

そもそも前年は右肘痛の影響で87試合しか出場できず、打率・225、7本塁打、37打点と大不振。心機一転で再起を図るはずが、1月に大阪市内のスポーツジムで、自身初の単独自主トレを公開した新庄は〝激やせ〟していた。ほおはやせこけ、筋肉も落ちた様子。すべては右肘の不安が招いたものだという。

新庄は「以前は休んでいたら治ったが、今は鍛えたり、マッサージをちゃんとやらないとダメになっている。ドアを開けるときでも痛い」と状態の深刻さを明かし、新しいシーズンで目標とする数字を問われても一切応じず。「ケガをしないようシーズンを乗り越えること。去年でケガが本当に怖いと思ったから」と語るのみだった。

この衝撃告白に憤慨したのが、新庄の肉体を預かるトレーナー陣。「なぜ痛いなら痛いと報告しないのか。われわれも故障した箇所は気にしているのに、オフの期間中、何も言ってこないから右肘が今どうなっているかがわからない」とブーイングが起こったのだ。日常生活でも支障をきたすほどの痛みとあっては、心配するのも当然。しかも、新庄が自ら作った調整メニューで患部をケアをしているようでは、なおさら放っておけない。

これほどまでに意思疎通を欠いた背景には、新庄のトレーナー陣への根深い不信感があった。前年のシーズン終了後、新庄は冷戦状態にあった藤田監督代行に、秋の教育リーグへの参加を命じられた。新庄は右肘痛を理由に「監督に僕の参加を止めることはできないですか」とトレーナー陣に相談していたのだが、指揮官を説得するには至らず…。教育リーグではDH、一塁まで守って全試合に出場したが、さすがの新庄も「靱帯が切れたらどうするの!」と激怒したのだった。

この一件を境にトレーナー陣との溝が広がり、新庄は右肘の状態を一切報告することもなく、1人で自主トレを行うこととなったわけだ。大人げない態度にも映るが、角度を変えれば〝自分の体は自分で守る〟という本当の意味でのプロ意識が芽生えたといえるかもしれない。新庄がその後の野球人生で大きな故障に見舞われなかったのは、誰が何を言おうと気にしない、こうした〝わがまま〟を貫いたからだ。 (岩崎正範) =明日に続く


zakスペシャル

ランキング

  1. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  2. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  3. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  4. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  7. 【突破する日本】「台湾有事」でロシアは中国を支持する 有事の際には尖閣諸島も巻き込まれるため人ごとではない 日本の備えは不十分

  8. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  9. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況

  10. オミクロン株、日本はいつピークアウトする? 11都県に「蔓延防止等重点措置」検討 英・南アは感染者数が1カ月で急減