真打 立川志らべ 口先先行一車

KEIRINグランプリの予想をそろそろ…その前に奈良できっちり稼いでおきたい1/1ページ

立川志らべ
立川志らべ

こんなご時世なんで、特に忙しいわけでもなく、KEIRINグランプリが近づくことでしか年の瀬を感じることもないですな。そろそろ予想しなくてはならんでしょう。なにせ私は昨年のグランプリで20万車券を的中させた男ですから!

先日の前夜祭で車番と並びも決まりました。層が厚いのは関東で吉田―宿口―平原。神奈川の郡司には北日本コンビが付いて郡司―佐藤―守沢。連携実績は申し分ない中国の清水―松浦。そして、今年インタビューすることができた古性は単騎という構成となりました。

ハッキリ言いまして私、並びが正式発表されるまで大方の予想が決まっていました。が、関東の並びが平原3番手ということで考え直す羽目に。平原が番手だった場合は、平原を2着か3着で狙う予定でした。それが、平原が3番手ということで、平原の勝利も視野に入れなくてはならぬことに…。

これ、常識的に考えるなら、平原が番手なら本命視、ということになるんでしょうが、違います。私の長年の経験により、グランプリでの番手はそれほど好位置ではない、という教訓を得ているからです。この教訓を得るにはかなりの授業料を使いましたなあ~。

で、散々迷ってはいるのですが、平原を本命視。関東2段駆けからの差しですな。問題は宿口を残すがどうか。平原―宿口―全、平原―全―宿口も買いですな。もしくは四の五の言わずに平原―全―全でいきましょうか。関東の選手と多くの競輪ファンが平原のVを願っているでしょう。

その前に奈良ナイター2日目11Rできっちり稼いでおきたいですな。黒沢が良さそうですが、小原の主導権取りに期待。最近、以前ほどの怖さがないのですが、成田の差し脚に期待したいですな。そこに迫ってくる黒沢と地元勢で〔3〕↔〔1〕↔〔4〕、〔3〕↔〔1〕↔〔6〕狙い。

どちらも外したらお年玉あげられないぞ。あ、その前に、今年、師匠からお年玉もらってないよ~!(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ)1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  8. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 【マンション業界の秘密】「利用価値」で決まる不動産の資産価値 マンションなら家賃の何年分であるか