変異株 ファクターX コロナ禍で日本人はどう変わったか?

「睡眠が1時間増えるごとに感染率は12%低下」の研究結果 「1日20分の運動で平均寿命が5歳伸びる」は真実1/2ページ

オミクロン株への警戒を呼びかける小池百合子東京都知事
オミクロン株への警戒を呼びかける小池百合子東京都知事

新型コロナ感染症のパンデミックは、私たちの生活を大きく変えました。度重なる自粛要請や行動様式の規制により、この2年間、何度も「巣ごもり」を余儀なくされました。

その結果、コロナに感染するリスクは減りましたが、別の大きなリスクに直面しています。運動不足と睡眠不足です。

コロナ対策としてのワクチン接種は進みましたが、ワクチンはただ打っただけでは効果は十分に発揮されません。というのは、運動不足になると、免疫力が低下するというデータがあるからです。一般的に、運動不足は、生活習慣病、認知症やうつ病、自殺などのメンタル疾患のリスクも高めます。コロナ禍になってから、糖尿病患者が増えました。さらに、感染リスクも高めるのです。

英スポーツ医学ジャーナル誌に掲載された研究報告によると、「週10分以下の運動」(運動不足)は「週150分以上の運動」(活発運動)に比べ、入院率は2倍以上、ICU使用率は1・73倍、死亡率は2・49倍となっています。

さらに、運動不足の人は、糖尿病、高血圧、心臓血管疾患、がんなどの基礎疾患や肥満より、死亡リスクが高くなっています。

よく言われているのが、「1日20分の運動で平均寿命が5歳伸びる」ということ。これは真実です。運動は健康にものすごく役立ちます。

睡眠不足もコロナ感染リスクを上昇させます。

米、英など6カ国の医療従事者3000人を対象に行われた研究によると、睡眠時間が1時間増えるごとに、感染確率は12%低下しています。

コロナワクチンはmRNAという新しいワクチンなのでなんとも言えませんが。一般的にワクチンは睡眠不足により効果が薄れます。インフルエンザのワクチンの研究では、「4時間睡眠群」と「8時間睡眠群」を比較したところ、「8時間睡眠群」では十分な抗体ができたものの「4時間睡眠群」では「8時間睡眠群」の半分しか形成されませんでした。

このことから、私はコロナのワクチン接種者には、十分な睡眠をとることを勧めています。

「運動不足」「睡眠不足」に続いて心配なのが、「病床不足」です。もう、忘れてしまったかもしれませんが、感染ピーク時に日本は医療崩壊に追い込まれました。

かつて、「日本の医療は世界一」(国民皆保険)「病床大国」(人口1000人当たりの病床数が13・1でOECD加盟国平均4・7の2・8倍)とまで言われてきたのに、日本の医療システムはコロナに対しては脆弱でした。

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  5. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  6. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  7. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  8. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. 前澤友作氏に“新恋人” お相手は16歳差のドラマー梅村妃奈子 昨年4月に剛力彩芽と破局