2022年市場「日本はまだまだいける」 社会を動かせば収益も出てくる 投資戦略は「日米半々」 マネックスグループ社長・松本大氏1/3ページ

マネックスグループ・松本大会長兼社長CEO
マネックスグループ・松本大会長兼社長CEO

コロナ禍が続いた2021年、米株式市場はダウ工業株30種平均が史上最高値を更新するなど総じて好調だったが、東京市場は日経平均株価が31年ぶりに3万円台に乗せた後、伸び悩んだ。22年の市場はどうなるのか。マネックスグループの松本大(おおき)会長兼代表執行役社長CEO(58)は「日本はまだまだいける」とポテンシャルに着目、「日米半々」という投資戦略を披露した。(聞き手・中田達也)

21年12月上旬まで米国に2週間出張していましたが、米国の雰囲気は前向き、元気でした。レストランに行くと、マスクなしでぎっしり座って、怒鳴り合うようにしゃべっていました。パーティーでもみんな握手してハグしていましたね。コロナ前に完全に戻ったわけではないんですが、ワクチンを打って、最近ではブースター(追加)接種もしているので、社会を動かしていけば収益も出て困った人も助けられるというのが基本的な考えです。

米国はメリットの方がデメリットより大きければやる。日本の場合はちょっとでも問題があれば全部止める。こういう違いが株価にも表れますよね。

米国株が上昇したのは、金融緩和でお金がジャブジャブしていることのほか、AI(人工知能)などテクノロジーによるメリットもあります。コロナを機にリモートワークも一気に進みました。うちの米国の子会社もフロリダ州にヘッドクオーター(本部)があるのですが、エンジニアは全米の州から採用しています。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ