がん攻撃に新たな武器! 変わる放射線治療

日本初上陸「1・5T MRリニアック」とは MRIでリアルタイムにがんの画像を見ながら治療を行える画期的な装置1/2ページ

高エネルギーの放射線装置「リニアック」と、1・5T(テラス)の高磁場を用いて鮮明な画像を得られるMRI装置を一体化させた画期的な装置である。世界で37台(2020年時点)が導入されたばかりの新しい治療装置である。日本では、2021年、千葉大学医学部附属病院が日本で最初に導入し、同年12月から治療を開始した。
高エネルギーの放射線装置「リニアック」と、1・5T(テラス)の高磁場を用いて鮮明な画像を得られるMRI装置を一体化させた画期的な装置である。世界で37台(2020年時点)が導入されたばかりの新しい治療装置である。日本では、2021年、千葉大学医学部附属病院が日本で最初に導入し、同年12月から治療を開始した。

人気マンガを原作とした昨年、反響を呼んだフジテレビ系ドラマ「ラジエーションハウス2~放射線科の診断レポート~」では、放射線科の診断技術や装置が見どころだった。がん治療の柱のひとつ放射線治療も近年大きく躍進している。身体への負担軽減や難治性のがんに対する新たな武器として注目の「1・5T MRリニアック」が、2021年に日本に上陸。この装置を日本で初めて導入し、がん治療をスタートさせた千葉大学医学部附属病院放射線部の宇野隆部長に、最新の放射線治療について聞く。

放射線治療と一言でいっても、X線やγ線、陽子線や重粒子線などさまざまな種類がある。100年以上も前にX線が発見されて以来、放射線治療装置は、「いかにがん細胞だけを死滅させるか」をテーマに発展を遂げた。中でも、リニアック(直線加速器)は、X線の高エネルギー照射線装置として、放射線治療の柱になっている。2008年に保険収載された強度変調放射線治療(IMRT)も、リニアックの一種で、形が多種多様ながん細胞だけを狙い撃ちに治療を行えるのが利点だ。そんな放射線治療を一段と向上させるのが、MRリニアックによる治療である。

「従来のリニアックでは、治療中にリアルタイムで患部を見ながら行うことはできませんでした。そのため、微細な照射位置のズレをいかにカバーするかが、治療計画では求められるのです」

こう話す宇野部長は、長年、画像診断技術の進展や先端医療機器を用いた放射線治療の向上に尽力している。高精度かつ低侵襲の放射線治療を実現し、その教育と普及にも力を注いできた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 【マンション業界の秘密】「利用価値」で決まる不動産の資産価値 マンションなら家賃の何年分であるか

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言