大相撲で再びクラスター危機か 田子ノ浦部屋3人がコロナ感染、初場所全休 昨年は4部屋65力士が2/2ページ

大相撲では昨年初場所前に、コロナ感染者が出た九重、友綱、宮城野、荒汐の4部屋65力士が全休。7月の名古屋場所後には高砂部屋で当時大関の朝乃山ら7人が感染した。相撲部屋は幕下以下は大部屋で生活しているため、クラスターが起きやすい。また九重部屋や玉ノ井部屋のように、時間差でクラスターとなった例もあるだけに、初場所初日まで1週間を切り、予断を許さない状況となっている。

サッカーでは2日、J1のFC東京とJ2の千葉が、ともに選手1人ずつが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表。本人は療養し、両チームはトレーニング等の活動を行っていないため、クラブ内に濃厚接触者はいないという。

また、米国でもプロバスケットボールNBAのラプターズは4日、渡辺雄太(27)が新型コロナウイルス感染防止規定の対象になったと発表した。同日のスパーズ戦は欠場となった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

  5. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  6. 迫る「22歳定年」ジャニーズタレントの岐路 Sexy Zone・マリウス葉の活動休止、制度に触発か 「ビジネスの勉強」など一部報道も

  7. 【藪から棒球】指導者の育成が急務! 阪神・矢野監督の後任報道に鳥谷敬氏、藤川球児氏も…最低3年、2軍監督で経験積ませるべき

  8. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

  9. 大騒動招いた田口容疑者の心変わり 4630万円誤送金、返金断固拒否に至った背景を心理学者が分析「銀行への移動時間が長すぎた」

  10. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も