年始恒例の「おめでた報道」に相次ぐ〝否定〟コメント ノンスタ井上「喧嘩して別れるかも…」、たむらけんじ「僕が再婚!?ちょっと待って!」 1/1ページ

たむらけんじ
たむらけんじ

年始恒例のおめでた報道に否定コメントが相次いでいる。

「1月1日にはNON STYLEの井上裕介さん(41)、アンタッチャブルの柴田英嗣さん(46)、たむらけんじさん(48)、深田恭子さんの結婚報道などが出ました」(週刊誌記者)

井上は自身のツイッターで「年内結婚と言われても、まだ両親に合わせてもなければ、5年も付き合ってない。このニュースのおかげで喧嘩して別れるかもしれない」と結婚報道を訂正。

「交際約3年になる10歳年下の一般女性と結婚」と報じられた柴田は、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「まだでございます。彼女もちょっと驚いているんです」「形になったらお祝いしてほしい」と話した。

「柴田さんは19年5月にはすでに結婚前提でお付き合いをしていると発表していますから、結婚は既定路線ですが・・・」(前出・週刊誌記者)

また、たむけんは自身のSNSで「僕が再婚!?ちょっと待って!!こんな事実はほんまにないよー!!」と否定。

「たむらさんは、50歳でタレント業を引退し、アメリカ移住を明かしているだけに、結婚には慎重なようですね。不発の年もありますが、元日のおめでた報道はご祝儀的な意味合いもある新年の風物詩です。深田恭子さんのようにいちいち反応しないほうが趣があるのですが・・・」(前出・週刊誌記者)

zakzak編集部)

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  5. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  6. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  7. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  8. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  9. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目