政界紳士録

茂木敏充自民党幹事長 「理」に「情」が加われば「ポスト岸田」最有力候補に 学ぶべきは派閥創設者である竹下登元首相の手法1/2ページ

茂木幹事長は悪評を払拭できるのか
茂木幹事長は悪評を払拭できるのか

昨年の衆院選、小選挙区で敗北した自民党の甘利明幹事長の辞任を受け、岸田文雄首相が後任幹事長として白羽の矢を立てたのは外相の茂木敏充氏だった。驚きをもって受け止められたが、結果から見ると「成功」と言っていいだろう。

自民党総裁選の際、派閥としてまとまって行動したのは、領袖(りょうしゅう)が出馬した岸田派だけ。つまり、今の自民党は有力者の抑えが効かなくなっているということだ。さらに、各有力者の方向性も微妙に違う。そのバランスのとり方も難しい。

こうした状況の党内を取りまとめていくには、あくまで「理」をもって仕切っていくほかはない。もし、「情」をもって各派のバランスをとろうとすれば、それぞれの思惑に流されて収拾がつかなくなってしまうだろう。その意味で、茂木氏はうってつけである。

茂木氏は東大経済学部を卒業後、読売新聞などを経てハーバード大ケネディ行政大学院に留学。帰国してマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社した。合理的な判断力はこうした経験から養われたものであろう。

初当選は1993年の衆院選。細川護熙氏率いる日本新党から出馬した。この時、同党の同期には、野田佳彦元首相や、立憲民主党の枝野幸男前代表、東京都の小池百合子知事らがいる。自民党では、安倍晋三元首相、岸田文雄首相も、この時の初当選組だ。

茂木氏の有能さには定評がある。その手腕を買われて、これまで金融相、IT担当相、経産相、経済再生相、外相、自民党政調会長など、内閣や党の要職を務めた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言