土佐高知けいば日記

1月号 他地区でも名を印象付けた多田羅誠也騎手 25日「全日本新人王争覇戦」1/1ページ

多田羅誠也
多田羅誠也

騎手免許取得5年以内の若手ジョッキーがJRAと地方競馬の垣根を越えて、高知競馬場で腕を競う「第36回全日本新人王争覇戦」が25日に開催される。

地元・高知から参戦するのは2019年デビューの多田羅誠也騎手。これまでに177勝をマークしている。昨年は黒潮菊花賞でハルノインパクトの3歳3冠を阻止する大金星でアッと言わせたほか、別府真司厩舎のダノングッドの主戦騎手としてゴールド争覇(名古屋)、笠松グランプリ(笠松)も制して、他地区でも多田羅誠也の名を印象付けた。

今年の3歳戦線で活躍が期待される、同厩舎のアンティキティラの主戦も務めるなど、若手騎手が増えた高知競馬の中でも、次世代のエース候補筆頭と言っても過言ではない。実際「全日本新人王争覇戦」には3大会連続で選出されているが、20年、21年と調教中などのけがで出場辞退を余儀なくされた(21年はコロナ対策で大会も中止)。3度目の正直となる今回こそ、高知の代表として大暴れしてほしい。

今月は新人王争覇戦の他にも、16日の「第11回大高坂賞」(1400メートル)、30日の「第19回黒潮スプリンターズカップ」(1300メートル)と早くも黒船賞選考競走がスタート。こちらもぜひ、ご注目頂きたい。

それでは2022年も高知競馬の応援を宜しく頼むぜよ!

zakスペシャル

ランキング

  1. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  2. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  3. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  5. 【最新国防ファイル】きな臭いアジア情勢で深化する陸自と米軍の絆 「空挺降下訓練」の拡大でさらに拍車

  6. 日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません

  7. 【プロ野球実況中継】DeNA移籍の大田、ハマスタで新たなヒーローになれ! 打つだけでなく守備力と走力も魅力、30歳でも身体のキレ変わらず

  8. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  9. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  10. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない