ニュースの核心

「コロナ」「景気」「日米同盟」で岸田政権に立ち込める暗雲  米「二股外交」に強い不信感、路線を見極めるまで首脳会談先送りか1/3ページ

岸田首相は、新型コロナの感染拡大や、外交・安全保障など、日本の危機に対処できるのか
岸田首相は、新型コロナの感染拡大や、外交・安全保障など、日本の危機に対処できるのか
その他の写真を見る (1/2枚)

岸田文雄首相が就任して3カ月が経過した。報道各社の世論調査では安定した内閣支持率を維持しているが、政策の軌道修正が目立ち、政権内の意思疎通を不安視する向きもある。懸念されていた新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の国内感染も拡大。新型コロナの新規感染者は6日、国内で4475人となり、前日の2638人から一気に増加した。政府は「まん延防止等重点措置」を、沖縄、広島、山口3県に適用する方針を固めた。早期訪米によるジョー・バイデン大統領との日米首脳会談も見通しが立たない。岸田首相は年頭の記者会見で「大胆に挑戦し、新たな時代を切り開く1年にしたい」と語ったが、大丈夫なのか。ジャーナリストの長谷川幸洋氏が、岸田政権に垂れ込める暗雲に迫った。

なぜ高支持率

岸田内閣の支持率が高い水準を保っている。金融所得課税や新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限、18歳以下への10万円支給問題など「朝令暮改」の迷走が目立ったにもかかわらず、なぜなのか。

産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が昨年12月20日に発表した世論調査では、岸田内閣の支持率が66・4%と前月比で3・2ポイント上昇した。同13日発表のNHKの調査でも、支持率は50%に達した。前月より3ポイント下がったものの、不支持率の26%に比べ、2倍近い水準を保っている。

相次ぐ政策の方針転換を見れば、政権への信頼が薄れて、支持率は低下してもよさそうなものだが、そうなってはいない。これをどうみるか。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  3. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  4. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  5. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  6. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  7. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  10. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ