政界紳士録

立憲民主党代表・泉健太氏 参院選で現実的な安保政策を提示できるか 真っ先に取り組むべき「衆院選敗北の総括」1/2ページ

立憲民主党の泉健太代表
立憲民主党の泉健太代表

立憲民主党は昨年11月30日、衆院選敗北の責任をとって辞任表明した枝野幸男前代表の後任として、決選投票の末、泉健太氏を選出した。泉氏は47歳という若さにして当選8回の政治キャリアを持つ。世代交代が進む政界にあって、これは大きな強みである。

泉氏が真っ先に取り組まなくてはならないのが、「衆院選敗北の総括」である。それが今年夏の参院選の戦い方にも影響する。だが、その作業は進んでおらず、むしろ意図的に遅らせているように見える。

最大の敗因が、立憲民主党の安保政策にあることは明らかだ。加えて、党綱領に「自衛隊解消」「日米安保条約廃棄」を掲げる共産党と「限定的な閣外協力」を行う方針で合意するなど、共闘に踏み込んだ。

中国海警局船が連日、わが国の領土である沖縄県・尖閣諸島の周辺海域に侵入し、日本周辺で中国軍とロシア軍がわが物顔で軍事演習をするなか、このような政策は極めて非現実的と言わざるを得ない。

有権者とて決して自民党政治に満足しているわけではなかったが、このような安保政策の政党に、とても政権を任せる気にならなかったのである。

泉代表も立憲民主党の安保政策の問題点は十分認識しているのではないか。ただ、下手に踏み込めば、党が空中分解しかねないと考えているのかもしれない。

立憲民主党はもともと、旧民進党が小池百合子代表(東京都知事)率いる「希望の党」に合流した際、安保法制や憲法改正などへの賛成を条件にされ、行き場を失った議員によって設立された。

ところが昨年、野党統一を旗印に「希望の党」を経て「国民民主党」として活動した議員らが合流したことで、再び安保政策の違いを内在する政党になってしまった。

泉氏は共産党との共闘について、「中道保守へのウイング拡大」を視野に見直す構えを示唆している。一方、「一人区では野党統一候補で戦った方が有利」との考えも示し、共産党との共闘継続に含みを持たせている。党内左派からの「共産党との関係を悪化させれば、来夏の参院選も敗北確実」との声に配慮しているのかもしれない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  2. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  3. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  5. 【最新国防ファイル】きな臭いアジア情勢で深化する陸自と米軍の絆 「空挺降下訓練」の拡大でさらに拍車

  6. 日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません

  7. 【プロ野球実況中継】DeNA移籍の大田、ハマスタで新たなヒーローになれ! 打つだけでなく守備力と走力も魅力、30歳でも身体のキレ変わらず

  8. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  9. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  10. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない