スクープ最前線

米国、極秘裏に日本潜伏の〝親中スパイ狩り〟 中国に「極超音速ミサイル」技術漏洩か 議員関与なら岸田政権は震え上がる事態2/3ページ

中国外務省報道官は即日、「虚偽の情報をでっちあげて中国の顔に泥を塗った」「強烈な不満と断固たる反対を表明する」と、日米両国を口汚く非難した。

この中国の反発こそ、今回の日米2プラス2の意義を示すものだ。

だが、怒りを込めていう。米国は、岸田政権を信用していない。

以下、日米情報当局から入手した驚愕(きょうがく)情報だ。

「共同文書で、『極超音速ミサイル』への警戒、共同研究が取り上げられた。実は米国は、極秘で、日本国内に作られた『中国に最先端技術を漏洩(ろうえい)させるスパイ組織』の殲滅(せんめつ)に動いている。そのなかで、問題の中国の『極超音速ミサイル技術』開発に、日本の大学や研究機関に所属していた中国人研究者たちが、直接関与していた重大疑惑が浮上した。彼らと共謀した日本人がいる。また、『親中』議員が関与する団体まで浮上している。岸田政権は震え上がる事態になりかねない」

私(加賀)は、前回の「スクープ最前線」(昨年12月27日発行=岸田政権、対中連携、米を裏切り疑惑)で、次のことを報告した。

《共同通信は同月23日、「南西諸島、米軍臨時拠点に」「台湾有事で共同作戦計画の原案策定」というスクープ記事を配信した。「台湾防衛」「日本防衛」の極秘作戦で、記事には「複数の日本政府関係者が証言」とあった。中国は喜び、米国は「極秘作戦をなぜリークしたのか、潰すためか?」と岸田政権を疑い、激怒している。この共同作戦計画は2プラス2で最終合意する予定だった》

zakスペシャル

ランキング

  1. 米、ウクライナめぐるロシアの「NATO不拡大」要求拒否 ブリンケン国務長官「ドアは開かれているという原則維持」 米海軍は手薄の露極東部隊を牽制

  2. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源義経(菅田将暉) 静御前との青春悲恋ストーリーに注目

  3. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  4. 「億り人」ピンチ!?ビットコイン半値に下落 金融引き締め、規制強化で売り強まる

  5. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない

  6. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  7. AV女優・川上奈々美が激白、俳優転身は「生きがい」 2月の浅草ロック座でストリッパー引退表明 『全裸監督』出演で高い評価「映画が私を救ってくれた」

  8. 「何年同じことをやってるのよ」巨人・川相ファーム総監督が指摘するチームの問題点 うまく技術継承されない現状に警鐘

  9. 菅直人氏「ヒトラー」投稿の撤回求め 維新、立民に抗議文 「全く事実に基づかない妄言」

  10. 神田沙也加さん 未発表音源で夢見ていた聖子との関係修復の未来?