ぴいぷる

俳優・小手伸也 ブレークで名前浸透…でも、「五十嵐」って呼んで! 映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」14日公開1/2ページ

俳優の小手伸也
俳優の小手伸也
その他の写真を見る (1/3枚)

「自分の名前で呼ばれるよりも、むしろ役名で呼ばれたい。それが理想です」

俳優としてブレークしたのがほんの数年前とは思えない人気ぶり。今や引っ張りだこで〝本名替わりの役名〟はどんどん増え続けている。

「自分でもそう思います。テレビで注目されたのが、数年前なんて信じられませんよ」

きっかけは6年前。NHK大河ドラマ「真田丸」での戦国武将役だった。「自意識過剰な俳優を探していたら、舞台で演じていた僕を見つけたらしくて」と笑う。

〝自意識過剰〟な人~

この〝自意識過剰な武将〟、塙団右衛門が当たり役となり、「急にドラマ出演の依頼が増えました」。

このとき42歳。俄然、脚光を浴び始める。

近作は昨年9月まで放送された医療ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)。主人公の外科医、喜多見(鈴木亮平)をサポートする麻酔科医、冬木を熱演し、話題をさらった。あの臨場感に満ちた医療現場はいかにしてつくられたのか。

「冬木を演じるため、医学事典などで麻酔について猛勉強しました。撮影現場で麻酔に関して一番詳しかったと自負します。だって麻酔機器の調整をしたり、点滴の器具のセッティングをしていたのは僕なんですから」

役に懸けるこんなストイックさを知れば、冬木が人気キャラクターになった理由もうなずける。

ドラマをこなす度に代名詞となる役名が増えるが本人のお気に入りは?

「やはり、五十嵐でしょうね」と即答した。

14日公開の映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」に登場する天才詐欺師のことだ。4年前にドラマが放送され、人気シリーズとなり、劇場版は3作目。

NOTイケメンで

この五十嵐役に抜擢された裏話が面白い。

「当初の設定は国籍不明のイケメン詐欺師。ところがオーディションでいい俳優が見つからず、条件からイケメンを取ったら僕に決まったらしいんです」

zakスペシャル

ランキング

  1. 【勝負師たちの系譜】藤井四冠、“得体のしれない一手”で先勝 対戦相手の渡辺明王将にダメージ 話題の王将戦開幕

  2. 【命の危険!!冬のサイレントキラーに備える】血栓ができやすくなる脂質異常症 正月の暴飲暴食が引き金に、運動か食事療法で早めの対策を

  3. 韓国・文大統領も行かない…北京冬季五輪は〝簡素な開会式〟に 国威発揚を狙う習主席は肩透かし、親中的な文氏も心変わり

  4. 遅すぎ!「3回目接種」岸田政権に〝失望〟 本格化は春以降、接種完了者は0・9%…発信力・調達力に懸念 識者「菅前政権の突破力を見習うべきだ」

  5. 習政権“大失敗” 中国経済異変で日本にすり寄りか? 北京五輪・党大会前の内憂外患で窮地 石平氏「国民の目をそむける対外強硬策へ」

  6. 【プロ野球実況中継】巨人、桑田コーチと山口コーチの気になる役割分担 宮本和知氏がここ3年担ってきた「ブルペンとのパイプ役」を担当するのは?

  7. 【AI時代の発想術】2022年、メタバースに備えよ! トップIT企業以外の大手ブランドも続々と参入表明

  8. 〝二股疑惑〟の山本舞香、本命は伊藤健太郎の根拠 不起訴処分後の伊藤の活動再開キッカケに、芸能界の実力者がアシストも

  9. 電車内の刺傷事件再発防止に国が本腰 カメラ設置、手荷物検査が焦点

  10. 【麺喰いにつき】餡たっぷりワンタンメンと〝二郎風〟醤油ラーメン 新店&復活話題の2軒!