プロキャディーXのつぶやき

松山英樹「体力、練習不足」との言い訳を口に… 「頑張って」とは素直に言えない1/2ページ

マスターズ覇者の松山英樹にとって22年初戦となった米ツアー「セントリー・チャンピオンズ」。最終日は首位と9打差の8位タイから発進し、5バーディー、1ボギーのでフィニッシュ。通算21アンダーの13位タイに終わった。

大会4日間で「ショットもパットも感触が最も良かったけれど、(パットの)ラインの読みが…」と松山。イーグル、バーディーパットを決め切れなかったのがベスト10入りを逃した理由だったようだ。

昨年10月以来、2カ月半ぶりの実戦を前に「体力、練習不足」を口にしていたのも事実。「体力的にもつかな…と思っていたのが意外とできてよかった。ソニーオープンは(コースが)フラットなので、しっかりといいプレーができるように頑張りたい」と話し、マウイ島からオアフ島へ移動したという。

突然、試合出場が決まった無シード選手ではないのだし、「チャンピオンズ」という大会名からも分かるように前季のトーナメント覇者だけが出場できるトーナメントなのだから、完璧な準備と気合十分で臨んでほしかった。サラリーマンゴルファーが「昨日残業で」とか「昨夜は飲み過ぎた」と愚痴るのと同じで、松山は優勝争いができなかった言い訳を「体力、練習不足」のせいにしているようにしか思えない。だから「次の試合でこそ、頑張って!」とはとても素直には言えないのは俺だけか?

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国・文大統領も行かない…北京冬季五輪は〝簡素な開会式〟に 国威発揚を狙う習主席は肩透かし、親中的な文氏も心変わり

  2. 【勝負師たちの系譜】藤井四冠、“得体のしれない一手”で先勝 対戦相手の渡辺明王将にダメージ 話題の王将戦開幕

  3. 【命の危険!!冬のサイレントキラーに備える】血栓ができやすくなる脂質異常症 正月の暴飲暴食が引き金に、運動か食事療法で早めの対策を

  4. 遅すぎ!「3回目接種」岸田政権に〝失望〟 本格化は春以降、接種完了者は0・9%…発信力・調達力に懸念 識者「菅前政権の突破力を見習うべきだ」

  5. 習政権“大失敗” 中国経済異変で日本にすり寄りか? 北京五輪・党大会前の内憂外患で窮地 石平氏「国民の目をそむける対外強硬策へ」

  6. 【プロ野球実況中継】巨人、桑田コーチと山口コーチの気になる役割分担 宮本和知氏がここ3年担ってきた「ブルペンとのパイプ役」を担当するのは?

  7. 【AI時代の発想術】2022年、メタバースに備えよ! トップIT企業以外の大手ブランドも続々と参入表明

  8. 電車内の刺傷事件再発防止に国が本腰 カメラ設置、手荷物検査が焦点

  9. NYで話題!女優・小山田サユリが斬新おにぎりで起業 コロナ禍で〝にぎった〟新たなチャンス

  10. 〝二股疑惑〟の山本舞香、本命は伊藤健太郎の根拠 不起訴処分後の伊藤の活動再開キッカケに、芸能界の実力者がアシストも