大統領選で誰が勝っても…韓国経済は「日本を追い抜く」どころか政治主導で長期混乱期に突入へ 〝韓数字〟予測に大はしゃぎする左派系学者・ジャーナリストたち1/3ページ

李在明氏(ロイター=共同)
李在明氏(ロイター=共同)

韓国の経済成長には勢いがあって、2027年には1人当たりの名目GDP(国内総生産)が日本を上回る―という予測に大はしゃぎしているのは、韓国人ではなく日本の左派系の学者やジャーナリストのようだ。

韓国政府発表の統計数字にだけ依拠して、韓国の経済を分析していけば、きっと上記のような予測が成り立つのだろう。

しかし、大統領選で目下トップを走る与党「共に民主党」候補の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事が面白いことを言った。「経済は科学ではなく政治だ」と。3月9日の投票で、誰が新大統領に決まろうと、韓国経済は「日本を追い抜く」どころか、政治主導により長期にわたる大混乱期に入ると見ておくべきだろう。

李在明氏が年初から、まさに「ド左翼」というべき姿勢を露骨に示し始めたのは、「左翼勢力の支持さえ固めれば、分裂含みの保守派を蹴散らすのは簡単」と読んだからだろう。中間派の支持を得るためのリップサービスはもう必要ないというわけだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 米、ウクライナめぐるロシアの「NATO不拡大」要求拒否 ブリンケン国務長官「ドアは開かれているという原則維持」 米海軍は手薄の露極東部隊を牽制

  2. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源義経(菅田将暉) 静御前との青春悲恋ストーリーに注目

  3. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  4. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  5. 「億り人」ピンチ!?ビットコイン半値に下落 金融引き締め、規制強化で売り強まる

  6. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない

  7. AV女優・川上奈々美が激白、俳優転身は「生きがい」 2月の浅草ロック座でストリッパー引退表明 『全裸監督』出演で高い評価「映画が私を救ってくれた」

  8. 菅直人氏「ヒトラー」投稿の撤回求め 維新、立民に抗議文 「全く事実に基づかない妄言」

  9. 神田沙也加さん 未発表音源で夢見ていた聖子との関係修復の未来?

  10. 「何年同じことをやってるのよ」巨人・川相ファーム総監督が指摘するチームの問題点 いくら技術を伝えても、うまく継承されていない現状に警鐘