有本香の以読制毒

小池都知事の〝愚策〟太陽光発電義務化条約 「エコ」とは程遠い子供だましの嘘…「ウイグル人弾圧後押し」中国を儲けさせる1/3ページ

小池都知事は、太陽光発電義務化条例を検討している
小池都知事は、太陽光発電義務化条例を検討している

「直下型地震相当のものという認識だ」

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が急拡大した場合の経済への影響をこう表現したのは、東京都の小池百合子知事。本コラムで小池氏の話題を取り上げるのは久方ぶりだが、相変わらず、科学も論理もお構いなく、ニュースの見出しになることだけを狙ったような物言いは健在である。

その小池氏はいま、都内の新築一戸建て住宅の屋根に、太陽光発電設備(太陽光パネル)の設置を義務付ける条例制定に意欲的だという。最近かまびすしい「脱炭素、再エネ」ブームに、「我こそは先駆者」とばかりに〝愚策〟を繰り出したのである。

実は、都内某所にある小池氏の私邸はまさにこれ。十数年も前すでに、その屋根に太陽光パネルを貼った、ご自慢の「エコハウス」にお住まいなのだ。

一個人として、「わが家の屋根の上の太陽光パネルで電気の自給自足ステキ」と思うのは、小池氏の趣味なのだろうから否定しないが、日本の首都・東京で、一軒家を建てる人すべてにこれを義務付けるというのはバカげている。ちなみに、東京での戸建て新築軒数は月に約十万軒にも上る。こんな条例案は、何としても都議会で潰してもらわねばならないので、その理由を書く。

そもそも、太陽光発電は「エコ」とは程遠い。化石燃料も原子力も使わない、日々降り注ぐお日さまの光で電気がつくれる=エコというのは絵空事、子供だましの噓だと言ってもいい。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【勝負師たちの系譜】藤井四冠、“得体のしれない一手”で先勝 対戦相手の渡辺明王将にダメージ 話題の王将戦開幕

  2. 【命の危険!!冬のサイレントキラーに備える】血栓ができやすくなる脂質異常症 正月の暴飲暴食が引き金に、運動か食事療法で早めの対策を

  3. 韓国・文大統領も行かない…北京冬季五輪は〝簡素な開会式〟に 国威発揚を狙う習主席は肩透かし、親中的な文氏も心変わり

  4. 遅すぎ!「3回目接種」岸田政権に〝失望〟 本格化は春以降、接種完了者は0・9%…発信力・調達力に懸念 識者「菅前政権の突破力を見習うべきだ」

  5. 習政権“大失敗” 中国経済異変で日本にすり寄りか? 北京五輪・党大会前の内憂外患で窮地 石平氏「国民の目をそむける対外強硬策へ」

  6. 【プロ野球実況中継】巨人、桑田コーチと山口コーチの気になる役割分担 宮本和知氏がここ3年担ってきた「ブルペンとのパイプ役」を担当するのは?

  7. 電車内の刺傷事件再発防止に国が本腰 カメラ設置、手荷物検査が焦点

  8. NYで話題!女優・小山田サユリが斬新おにぎりで起業 コロナ禍で〝にぎった〟新たなチャンス

  9. 〝二股疑惑〟の山本舞香、本命は伊藤健太郎の根拠 不起訴処分後の伊藤の活動再開キッカケに、芸能界の実力者がアシストも

  10. 【AI時代の発想術】2022年、メタバースに備えよ! トップIT企業以外の大手ブランドも続々と参入表明