「日米同盟の強化」など訴え、親中派・林外相が日本記者クラブで会見 「岸田政権=米中二股外交」というイメージ払拭が狙いか 1/1ページ

林外相は、日本記者クラブで会見した=13日午後、東京都千代田区
林外相は、日本記者クラブで会見した=13日午後、東京都千代田区

林芳正外相は13日、日本記者クラブで会見を行った。岸田文雄首相は就任から3カ月以上過ぎたが、同盟国・米国のジョー・バイデン大統領との対面による首脳会談ができない事態が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大とともに、バイデン政権が岸田政権の外交姿勢に不信感を持っていると指摘される。政界屈指の「親中派」として知られる林氏の発言が注目された。

林氏は冒頭の講演で、岸田政権の外交・安全保障姿勢として、「3つの覚悟」(①民主主義を守り抜く覚悟②わが国の平和と安定を守り抜く覚悟③人類に貢献し国際社会を主導する覚悟)を披露し、「自由で開かれたインド太平洋」の重要性と、「日米同盟の強化」を訴えた。

日米首脳会談については、「なるべく早く実現したい」と述べ、調整を急ぐ考えを示した。

中国については、「軍事力の拡大が透明性を欠いている」「わが国周辺での軍事活動の活発化には強い懸念を持っている」「主張すべきは主張して責任ある行動を強く求める」などと語った。

「岸田政権=米中二股外交」というイメージを払拭したい印象がにじんだ。

質疑応答では、日中国交正常化50周年にあたり、林氏の訪中や、習近平国家主席の「国賓」来日の可能性を問われた。

林氏は「私の訪中は何も決まっていない」「日中関係は地域の平和と安定にとって重要」「対話をしっかりと重ねる」「建設的で安定的な関係を目指す」「米国ともすり合わせていく」などと語った。

これで、米国の信頼を取り戻せるのか?

zakスペシャル

ランキング

  1. 【勝負師たちの系譜】藤井四冠、“得体のしれない一手”で先勝 対戦相手の渡辺明王将にダメージ 話題の王将戦開幕

  2. 【命の危険!!冬のサイレントキラーに備える】血栓ができやすくなる脂質異常症 正月の暴飲暴食が引き金に、運動か食事療法で早めの対策を

  3. 韓国・文大統領も行かない…北京冬季五輪は〝簡素な開会式〟に 国威発揚を狙う習主席は肩透かし、親中的な文氏も心変わり

  4. 遅すぎ!「3回目接種」岸田政権に〝失望〟 本格化は春以降、接種完了者は0・9%…発信力・調達力に懸念 識者「菅前政権の突破力を見習うべきだ」

  5. 習政権“大失敗” 中国経済異変で日本にすり寄りか? 北京五輪・党大会前の内憂外患で窮地 石平氏「国民の目をそむける対外強硬策へ」

  6. 【プロ野球実況中継】巨人、桑田コーチと山口コーチの気になる役割分担 宮本和知氏がここ3年担ってきた「ブルペンとのパイプ役」を担当するのは?

  7. 電車内の刺傷事件再発防止に国が本腰 カメラ設置、手荷物検査が焦点

  8. NYで話題!女優・小山田サユリが斬新おにぎりで起業 コロナ禍で〝にぎった〟新たなチャンス

  9. 〝二股疑惑〟の山本舞香、本命は伊藤健太郎の根拠 不起訴処分後の伊藤の活動再開キッカケに、芸能界の実力者がアシストも

  10. 【AI時代の発想術】2022年、メタバースに備えよ! トップIT企業以外の大手ブランドも続々と参入表明