大前研一のニュース時評

日本のデジタル化事情は〝石器時代〟 考え方を見直して対応を1/2ページ

岸田政権が打ち出すデジタル化。効果は未知数
岸田政権が打ち出すデジタル化。効果は未知数

昨年末30日の日経新聞に「法令4万件をAIで検証」と題する記事が掲載された。これは書面や対面手続きの原則廃止に向け、岸田文雄首相が「法令4万件を見直す」と表明したことを受けたもの。IT技術を使った法務処理を支援する「リーガルテック企業」と連携し、改正すべき箇所をAIで抽出して作業の効率化をはかる。

ただ、この「4万件」というのは、「これを添付すること」とか「入札の際にはこの書類が必要」といった文章について、電子化するものだ。そんなどうでもいい問題ではなく、法律そのものをデジタル時代に合わせて見直さなくてはいけないのではないか。

例えば建築関連では、CAD/CAM(コンピューターを利用して設計・生産を一貫して行う技法)というものがあって、入力すると「この場所にこういうものを建てていいのか」ということをパンと弾き出してくれる。これなら建築基準法に関する大半のことは済んでしまう。厚い書類を風呂敷に抱えて持ち込む必要もなく、審査も数秒で終わる。

こういうことをしている国もある一方、建築士が構造計算書を偽造した「姉歯事件」で、第三者にもう1回検証させることでさらに許可が1カ月遅れる日本のような国もある。21世紀になって、日本は石器時代に戻った状況といえる。

私は以前、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド首相(当時)の経済アドバイザーを務め、IT先進国にするための国家プロジェクト「マルチメディア・スーパーコリドー構想」を提案し、その実現を阻む法律があると、すぐにサイバー社会に適したものに替えていった。

法令4万件のどうでもいい文章の書き換えではなく、法そのものの精神、考え方を見直して、デジタル化に対応できるよう組み立て直さなければならない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【勝負師たちの系譜】藤井四冠、“得体のしれない一手”で先勝 対戦相手の渡辺明王将にダメージ 話題の王将戦開幕

  2. 韓国・文大統領も行かない…北京冬季五輪は〝簡素な開会式〟に 国威発揚を狙う習主席は肩透かし、親中的な文氏も心変わり

  3. 【命の危険!!冬のサイレントキラーに備える】血栓ができやすくなる脂質異常症 正月の暴飲暴食が引き金に、運動か食事療法で早めの対策を

  4. 遅すぎ!「3回目接種」岸田政権に〝失望〟 本格化は春以降、接種完了者は0・9%…発信力・調達力に懸念 識者「菅前政権の突破力を見習うべきだ」

  5. 習政権“大失敗” 中国経済異変で日本にすり寄りか? 北京五輪・党大会前の内憂外患で窮地 石平氏「国民の目をそむける対外強硬策へ」

  6. 【プロ野球実況中継】巨人、桑田コーチと山口コーチの気になる役割分担 宮本和知氏がここ3年担ってきた「ブルペンとのパイプ役」を担当するのは?

  7. 【AI時代の発想術】2022年、メタバースに備えよ! トップIT企業以外の大手ブランドも続々と参入表明

  8. 電車内の刺傷事件再発防止に国が本腰 カメラ設置、手荷物検査が焦点

  9. 〝二股疑惑〟の山本舞香、本命は伊藤健太郎の根拠 不起訴処分後の伊藤の活動再開キッカケに、芸能界の実力者がアシストも

  10. 【麺喰いにつき】餡たっぷりワンタンメンと〝二郎風〟醤油ラーメン 新店&復活話題の2軒!