日本の解き方

7月の参院選へ野党はどう動くのか 政権高支持率も“グダグダ露呈” 維新、国民は存在感示す好機1/2ページ

今年の国内政治日程では、7月の参院選が注目される。与党の自民党、公明党に対し、立憲民主党と日本維新の会、国民民主党、共産党など野党はどう動くのか。

自民党の茂木敏充幹事長は5日の記者会見で、参院選の勝敗ラインに関し「参院においても与党で過半数を維持すること」とした。

参院の総定数は248議席、過半数は125議席で、与党の非改選は69議席なので、今回与党は55議席獲得すればいい計算だ。これは、自民42議席、公明13議席で達成可能なので、かなり低いハードルだ。

実際には与党の勝敗ラインは改選過半数(63議席)のはずだ。このため、自民50議席、公明13議席が本当の勝敗ラインだといえる。逆にいうと野党としても改選過半数が欲しいところだ。実現すれば政局になるだろう。

立民は、共産との関係をどうするのかが焦点だ。先の衆院選で両党の連携は「立憲共産党」と揶揄(やゆ)され、必ずしも立民のためにならなかったが、共産は簡単に放してくれそうもない。維新と国民民主は第3極として、自民や立民に満足しない票を狙いにいくだろう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 建設中のマンション崩落、高速鉄道で車輪が脱落も…韓国企業「儲け」のためなら法律・マニュアル一切無視の〝危険不感症候群〟

  2. 【突破する日本】中国、五輪後「台湾侵攻」「尖閣奇襲」か 久場島が戦略的要地になり得る可能性も 自衛権行使できない海上保安庁が日本の弱点

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「不適切字幕」 NHK番組テロップの波紋、要求だけ…とってもズルい責任取らない局の「偉い人」たち

  8. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  9. 阪神最大の懸案事項「守護神問題」はルーキー頼み? 矢野監督「いい意味で想定外出てきてほしい」

  10. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」