いしだ壱成「次回があれば、ぜひ」〝次回〟あるのか? 38度の高熱でイベント欠席、直前には軽井沢のホテルでツイキャス配信も1/1ページ

いしだ壱成
いしだ壱成

いしだ壱成が、38度の高熱で、出演予定だったイベントをドタキャンしたという。

「いしださんが出演する予定だったのは『ロスジェネの一番しんどいとこから未来を考える』をテーマにしたトークライブ。連絡なしのドタキャンだったにもかかわらず、当初はいしださんに同情の声が集まっていました」(スポーツ紙記者)

いしだというと昨年、24歳年下の女優・飯村貴子と離婚。いしだがうつ病を発症し、働けないことから生活が困窮したことが理由だった。

ところが、イベント直前に軽井沢のホテルからいしだが元気にツイキャスを配信していたことが発覚。

「いしださんに同情、応援の声は多かっただけに、今回は大きく信頼を裏切る形です。

また、軽井沢のホテルに滞在していたことで、貧困をウリにしていたいしださんに疑惑の目も向けられています」(前出・スポーツ紙記者)

イベント関係者に「次回があれば、ぜひ」と話したといういしだだが、〝次回〟があればいいが。 (zakzak編集部)

zakスペシャル

ランキング

  1. “東証大暴落”100兆円吹っ飛ぶ 新興市場はリーマン・ショック超える惨状 冷淡「岸田ショック」に怨嗟の声、悲鳴に耳は傾けないのか

  2. 中村芝翫、コロナ感染でわかる〝濃厚接触度〟 妻・三田寛子とは顔も合わせない状況か!?

  3. 菅直人氏ら立憲民主ベテラン議員の「炎上グセ」 SNS重視の党方針の弊害か

  4. 【ニュースの核心】実行なら“金融パニック”も 岸田首相「新しい資本主義」 メインバンクの主導権拡大、国家社会主義的な匂い

  5. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  6. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  7. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  8. ゆうちょ銀行の有料化で波紋 入金枚数に応じて手数料「小銭貯金どうすれば!?」 森永卓郎氏「『庶民は来るな』と言っているに等しい」

  9. 【日本の危機】自衛隊は「便利屋」ではない 被災地活動など高い評価も 「主たる任務」は「国防」だ

  10. 「犠牲にすること多かった」氷川きよし、活動休止の胸の内明かす 〝演歌界のプリンス〟が抱えた苦悩