オミクロン「第6派」襲来に向けて必要不可欠な「パルスオキシメーター」 自治体、未返却分の確保に躍起 破損、紛失…返却求めづらい実態1/2ページ

指先で血液中の酸素濃度を計測するパルスオキシメーター(コニカミノルタ提供)
指先で血液中の酸素濃度を計測するパルスオキシメーター(コニカミノルタ提供)

新型コロナウイルスのオミクロン株の急拡大が続き、自宅で療養する人が再び増えそうだ。各自治体は血中酸素飽和度を計測する「パルスオキシメーター」を自宅療養者らに貸与しているが、これまでに貸し出した分が返却されない事案も発生しているという。「第6波」襲来といわれるが、必要量を供給できるのか。

パルスオキシメーターは数千円から数万円で市販もされているが、自宅療養者らへの貸与は原則、国費負担で、自治体が軽症者らの健康管理に活用している。

神奈川県では、40歳以上や基礎疾患のある人向けに貸与していたが、昨年4月以降、デルタ株の拡大を受けてすべての自宅療養者を対象にした。ただ今月11日現在、所有する9万台のうち約7000台が返却されていない。

「無くした」「壊れた」との理由が多いといい、県担当者は「貸し出す際に使用後に返却をお願いする手紙を同封しており、返ってこない場合はメール、その次に電話をかけている。ただ破損や紛失した人にそれ以上の指摘は難しい。電話がつながらない人も多いが、1人でも多くの方に返却のご協力をお願いしたい」と話す。

県は現段階で必要分を確保しているが、感染状況によっては、貸与対象者の絞り込みや追加購入を検討する可能性もあるという。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  7. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  8. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」