韓国・文大統領も行かない…北京冬季五輪は〝簡素な開会式〟に 国威発揚を狙う習主席は肩透かし、親中的な文氏も心変わり1/2ページ

開会式が行われる国家体育場=北京(共同)
開会式が行われる国家体育場=北京(共同)

2月4日に行われる北京冬季五輪開会式が、大幅な縮小を余儀なくされている。人権弾圧を批判する米国などの外交的ボイコットに加え、新型コロナウイルスのオミクロン株への懸念も強い。親中的な姿勢で知られる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領まで欠席を表明した。国威発揚を狙っていた習近平国家主席も肩すかしの様相だ。

開会式は2008年夏季五輪と同じく「鳥の巣」と呼ばれる北京国家体育場で行われる。

文大統領
文大統領

08年夏季大会の開会式では約4時間で1万5000人ほどが出演したが、今回は「簡素・安全・華麗」というコンセプトのもと1時間40分以内で、出演者も約5分の1の3000人ほどに絞られた。国営新華社通信によると、08年に続き開閉会式の総合監督を務める映画監督の張芸謀(チャン・イーモウ)氏は「パンデミックの中で行われる。それほど豪華なものではなく、長く続けることもしないだろう」と述べ「人海戦術」を取らないことを明かした。

あくまで前向きな簡素化だというアピールもある。2月の北京は平均気温が氷点下2度で、寒さも時間短縮の理由としたほか、演出に科学技術や環境保護、低炭素社会などを盛り込む意向だといい、張氏は「比較的簡素かつ安全な方法で、どのように華麗さを生み出すかは大きな挑戦だ」と語った。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  3. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. SNSに「大麻」の影 誤送金4630万円詐取の田口容疑者 投稿に「マンチ」など隠語が点在 周辺から「まじめ」と語られるも