勝負師たちの系譜

藤井四冠、“得体のしれない一手”で先勝 対戦相手の渡辺明王将にダメージ 話題の王将戦開幕1/2ページ

渡辺明王将に藤井聡太竜王が挑戦する、第71期ALSOK杯王将戦七番勝負が、年明け早々の9日、静岡県掛川市「掛川城・二の丸茶室」で始まった。

注目は藤井の最年少王将と、最年少五冠なるかだから、マスコミがほっておく筈はなく、前夜祭には7、8台のテレビカメラが入っていた。こんな光景は、私も長年前夜祭に出たが、初めてだ。

今回はコロナの影響もあり、前夜祭に一般客は入れてないが、関係者だけで100人を超えた。私の隣に座ったのは、昨年のクラウドファンディングで招待されるはずだったファンで、今年に振り替わって喜んでいた。

掛川市で王将戦が開催されるのは13年連続であり、地元からすればまさに「やってて良かった王将戦」であろう。

今期からALSOKが冠となり、協賛に立飛ホールディングスが入っているから、運営面も万全だ。

翌日の1日目。先手となった藤井は相掛かり戦に誘導。若手有利と言われる初手を見た渡辺は「やっぱりそうか」という顔をしたが、逃げる訳にはいかないとばかりに、相手に追随した。

しかし将棋は序盤早々、藤井はほとんどのプロを驚かせる一手を出す。

強力な飛車の前に歩を進める手を見た、副立ち合いの神谷広志八段が「これが良い手なら今まで習ったことはすべて間違いだった」。立ち合いの森内俊之九段は「未来の将棋かも知れない」と言ったそうである。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  3. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  4. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  5. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  6. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  7. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  10. 【藪から棒球】指導者の育成が急務! 阪神・矢野監督の後任報道に鳥谷敬氏、藤川球児氏も…最低3年、2軍監督で経験積ませるべき