S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き

未知の地へ旅立つ思いが冒険だ 植村冒険館1/2ページ

エベレスト登頂を伝えるシアター
エベレスト登頂を伝えるシアター

新しい年とともに新型コロナウイルスが再爆発している。以前のように文化施設が軒並み閉鎖されると、ぶらり歩きも面白くない。今回は様子を見ながら近場の新スポットを歩いた。

冒険家・植村直己さんのことはご存じだろうか。日本人として初めてエベレスト登頂、世界で初めて5大陸最高峰制覇などの偉業で国民栄誉賞に輝いている。植村さんは1941年兵庫県出身だが、69年から東京都板橋区に住み、世界冒険の旅に出るベースキャンプとしていた。

館内展示物
館内展示物

植村さんは84年に北米マッキンリー登頂直後に消息を絶ったが、その後も板橋区は植村記念財団を設立して植村さんを顕彰する施設を開設したり、子供たちに野外活動を広める自然塾などの事業を継続している。その顕彰施設は筆者の自宅から徒歩圏にあったが、昨年末に区役所近くの植村記念加賀スポーツセンター内に移設されリニューアルオープンした。

最寄り駅は都営三田線板橋区役所前なので、シルバーパスで向かう。中山道を挟んで区役所とは反対側に降り徒歩7分。

犬ぞり

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  3. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  4. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  5. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

  8. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  9. 【スクープ最前線】中露ブチ切れ!岸田首相のNATO会議出席で「敵」と認定 プーチン氏「サハリン2」強奪で脅迫テロ 中国が仕掛ける「日系企業強奪計画」

  10. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ