S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き

未知の地へ旅立つ思いが冒険だ 植村冒険館2/2ページ

堂々たるスポーツ施設の1階エントランスに大きな犬ぞりが置かれパネル展示がある。一通り見てエレベーターで3階に上がると常設展示場で、正面がイントロダクションシアター、エベレスト、北極、アマゾン3編の床面まで広がる迫力の紹介映像が流れる。

映像を見た後、ゆかりの所持品や手紙、国民栄誉賞などの展示を見て回ると、改めて偉大な足跡を感じた。本人の映像の講演ビデオが流されていたが、「後のさまざまな冒険より23歳のときにわずかな所持金だけで言葉も分からないアメリカに船で旅立ったときほど冒険への挑戦を感じたことはない」と話していたのが印象的だった。植村さんは明治大学を卒業してから、何のつてもない未知の世界でアルバイトしながら登山資金を稼ぐ日々から冒険を始めた。植村さんの強い気持ちに励まされる思いだ。

以前の施設の展示内容を知る者からすると、隔世の感がある素晴らしいリニューアルだ。ぜひ、区外の人にも見てもらいたいものだと思いながら帰路に着いた。

【植村冒険館】東京都板橋区加賀1の10の5植村記念加賀スポーツセンター内 開館10時~18時、月曜、年末年始休館、入館料無料。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  4. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  5. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  6. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

  7. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  8. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  9. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  10. 東国原英夫氏が宮崎県知事選出馬へ 「『宮崎が元気がない、盛り上げてくれ』との意見を頂戴している」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ