電車内の刺傷事件再発防止に国が本腰 カメラ設置、手荷物検査が焦点1/1ページ

国土交通省は電車内で起きた乗客刺傷事件の再発防止に向け、対策に本腰を入れている。新造する列車に防犯カメラ設置を義務付けるとの方針を打ち出し、事業者や有識者と協議を開始。乗客にも協力を求めている。

国交省は昨年12月に安全対策を発表。事業者に防犯カメラ設置を義務化し、性能基準などを検討するとした。乗客には、現状では実施例がほぼない手荷物検査への理解を促し、車内の非常通報装置を確認して緊急時はためらわずに使うよう呼び掛けていく。具体的な方法を検討する会合も開催し、鉄道事業者や有識者らが参加した。

課題は多い。もともとカメラ設置に積極的なJR各社や首都圏の大手私鉄に対し、赤字経営の多い地方の鉄道は及び腰だ。費用負担の問題や、車両数が少ない編成を義務化の対象外とするかどうかが焦点となる。

手荷物検査はさらにハードルが高い。JR東日本の深沢祐二社長は昨年12月の定例記者会見で「乗客数や場所の問題があり、単純に実施するのは難しい」との見解を示した。大きな事件のたびに浮上しては消えていくアイデアなだけに、どのような条件なら実行可能か模索が続いている。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談