日米首脳の対面会談はいつに!? オミクロン株で言い訳できない「林外相の親中派の疑念払拭せよ」青山繁晴氏が岸田政権に諫言1/3ページ

青山繁晴氏 岸田首相(右)と林外相。バイデン米大統領の信頼を回復できるのか
青山繁晴氏 岸田首相(右)と林外相。バイデン米大統領の信頼を回復できるのか

オンライン形式で開催はするけど…

岸田文雄首相と、ジョー・バイデン米大統領による対面による日米首脳会談はいつになるのか―。ジェン・サキ米大統領報道官は16日、日米両首脳が21日、オンライン形式で会談すると発表した。17日召集された第208回通常国会では、岸田政権による新型コロナウイルス対策や、軍事的覇権拡大を進める中国への対応、日本経済の再生などが焦点となるが、政権発足から3カ月以上過ぎても、対面による首脳会談が実現しない「日米同盟の揺らぎ」も注目される。インテリジェンスに精通する自民党の青山繁晴参院議員が、国益重視の立場から語った。

「(日米同盟は)インド太平洋地域と世界の平和と安全、安定の礎」

サキ報道官は16日の声明で、こう強調した。

 青山繁晴氏
青山繁晴氏

オンライン形式の日米首脳会談では、同盟強化や、中国を念頭にした「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携などが議題となる。声明には、バイデン大統領が、新型コロナ対策や気候変動対策、先端技術の分野で日米の協力強化を期待しているとの指摘もあった。

2月の北京冬季五輪が終わると、中国の習近平国家主席は秋の共産党大会での「3期目」入りを確実にするため、強権主義や覇権主義を拡大させるおそれがある。「台湾有事」や「日本有事」も懸念されるため、「日米同盟の強化」は最重要テーマといえる。

ただ、歴代首相の多くが、就任から2カ月ほどで対面での日米首脳会談を実施するなか、岸田首相は昨年10月の就任以降、開催できていない。

この背景について、青山氏は、自身の人気ユーチューブ・チャンネル「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」で、「岸田総理、バイデン大統領はなぜ会わないか」(11日配信)として、衆院選後の第2次政権発足時、「親中派」である林芳正外相を起用したことで、「米国が不信感を抱いている」と激白している。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者