合同自主トレの柳田、清宮ら6選手集団感染、それでもキャンプ開催するのか 「最悪の事態も想定しなければ…」プロ野球関係者は戦々恐々1/2ページ

ノックを受ける清宮、柳田(左から2人目)らがコロナに感染した=12日、佐賀・嬉野市
ノックを受ける清宮、柳田(左から2人目)らがコロナに感染した=12日、佐賀・嬉野市

今月6日から佐賀県嬉野市内で合同自主トレーニング中のソフトバンク・柳田悠岐外野手(33)、日本ハム・清宮幸太郎内野手(22)ら4球団の選手6人と関係者の計8人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことが16日、本紙の取材で分かった。今年に入り、全国的に感染者数が激増。プロ野球12球団は2月1日からのキャンプを通常開催に近い形で行うよう準備しているが本当に大丈夫なのか。

複数の関係者の話を合わせると、参加者が異変に気づいたのは15日のこと。複数が体調不良を訴え、PCR検査を行った結果、16日午後になり柳田、清宮、ロッテ・安田尚憲内野手(22)、西武・戸川大輔外野手(25)、ソフトバンク・真砂勇介外野手(27)、谷川原健太捕手(24)の選手6人全員と、自主トレをサポートしていた関係者2人の陽性が分かった。現在は宿泊先で各自隔離、待機しており管轄の保健所からの指示を待っている状況だという。

当初の予定では17日から場所を広島県内に移し2次自主トレを行う予定だったが、14日から県内全域に「蔓延防止等重点措置」が適用されたのに加え、16日の新規陽性者数が1日としては過去最多の1280人を記録したこともあり、移動による感染リスクを鑑みて断念。佐賀県内での自主トレ期間を延長していた。佐賀県も16日の感染者は132人と状況は悪化している。

会場となった球場は感染症対策をした上で一般公開され、12日には柳田が報道陣らに、うどん110人分を振る舞ったことがテレビニュースで大きく報じられたばかり。球界関係者からも「人数が多い都市部ならまだしも、環境を整えた地方の自主トレで感染してはもうお手上げ状態。選手や関係者は気の毒としか言いようがない」と同情の声もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字