トンガ沖噴火“世界的寒冷化で食料危機”へ 大気中の粉塵で太陽光遮断、農業や畜産業に打撃 「脱炭素社会」実現も困難か1/2ページ

トンガ沖の火山噴火を観察する地質学者ら(トンガ政府地質担当局のフェイスブックから、共同)
トンガ沖の火山噴火を観察する地質学者ら(トンガ政府地質担当局のフェイスブックから、共同)

南太平洋・トンガ沖で発生した海底火山の大規模噴火は、噴煙が高さが約20キロ、半径約240キロも広がったとされる。今後、大気中に粉塵(ふんじん)が長時間とどまり、太陽光を遮断することで地球が寒冷化する可能性がある。農業や畜産業に影響が及べば食糧危機となり、「脱炭素」で注目される太陽光発電にもダメージになりかねない。

「100年に一度」「1000年に一度」とも表現される、トンガ沖の海底火山「フンガトンガ・フンガハーパイ」の大噴火。

災害史に詳しい立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は「今回のように大規模な噴煙が出た例としては、1991年のフィリピン・ルソン島にあるピナトゥボ火山の噴火がある。当時は噴煙が成層圏までに達し、日光を遮断したために93年ごろまで冷夏に襲われた。今回も噴煙の継続次第では『地球全体の寒冷化』が発生し、農作物への被害が出る可能性がある」と指摘した。

20世紀最大といわれるピナトゥボ火山の噴火は、大量の二酸化硫黄ガスを中心としたエアロゾル(空気中に微粒子が多数浮かんだ状態)が成層圏に放出され、地球規模で気温が約0・5度低下した。北半球では、例年に比べ、2度ほど低い地域も出て、農作物が不作となった。日本でも93年に記録的な冷夏を記録し、政府はタイ米などを緊急輸入した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者