それってOUTだぜ!

妙なことが起きる正月 私の周りで見た「善人」たちが流した涙1/2ページ

この年末年始は久しぶりに帰省ラッシュができたが…
この年末年始は久しぶりに帰省ラッシュができたが…

正月というのは、得てして妙なことが起きるものだ。

それも、どちらかというと、悪人ではなく善人と呼べるような人たちが、妙な目にあうことが多いような気がする。

おそらく、年末年始という日本一の大イベントに、真っ当な人たちの通常生活のリズムが崩れ、いろいろとバランスが悪くなるのであろう。

だから、私のような、働いているのか遊んでいるのか分からないような、普段からいい加減で身勝手な生活を送っている者は、もともとのバランスが崩れきっているので、意外にそういう目にあわない、またはうまく回避する。

この年末年始、私の周りでもやはり善人たちが涙を流した。

私は正月明けに真っ当な仕事をしている友人と酒を飲んだ。

彼はひどく疲れた様子だった。聞くと、元旦から実家に帰省したが、酒が入った揚げ句に親戚の一人と取っ組み合いをしたという。

けんかの理由は他愛のない「生き方論争」だったそうだ。

そして、その帰り道、雪がふぶく中、そのけんかをした親戚は、奥さんが運転する車で田んぼに落ちたという。彼らはJAFを呼んだものの3時間待ちだといわれ、私の友人は仕方なしに雪の中、取っ組み合いをした相手を救出することになった。

またそのけんか相手は、ありがとうのひとつも言わなかったという。

そしてUターンラッシュの高速では、後ろから同じような帰省帰りの家族連れに、軽い追突事故を起こされたという。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  8. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 消えた軍参謀総長、ロシア作戦失敗で仲間割れか 楽観報告の上に苦戦でプーチン氏激怒、FSBを「粛清」 GRUに権限移行で戦況に変化は?