モテる男の1万円服装術

テストステロン値を上げる服(1) 新庄監督が就任会見で着たスーツの「赤」で元気度アップ1/2ページ

このコラムではファッションや服装、おしゃれに興味はあるけれど服の選び方や着こなし方がわからないという人に向けて、ファッションの知識やコーディネートのコツなどを、わかりやすくお伝えしています。

昨年末に紹介したのは、ジャケットの胸につける「雪の結晶にパール」のピンズでした。ピンズというのは、ジャケットの左襟のボタン穴に着ける小物のことです。

清楚ながら気品が漂うパールのピンズをジャケットに着けると、ジュエリーのようにきらきら輝きます。文字通り「小物」ですが、女性の目には必ずとまり、あなたへの関心度を高めてくれます。

女性は、いったん「おしゃれ」という印象を持つと、その後も継続してその男性を「おしゃれな人」と認識してくれます。女性に関心を持たれると、男性も俄然(がぜん)やる気が出てきますよね。

実は男性が女性に関心を持つと、男性の元気の源とされる男性ホルモン「テストステロン」の分泌が高まることが、さまざまな研究から示されています。つまり、服装によってテストステロン値=元気度を高めることができるのです。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  5. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  6. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  7. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  8. 紺野美沙子さんも初出席、横審の定例会合で3大関をバッサリ「勝ち越したのが1人だけは残念」「クンロクならいい方」

  9. 【日本の解き方】1~3月期GDPを読み解く 民間消費は予想より良かったが、公共投資減への対策が急務だ

  10. 浦和サポーター「声出し問題」クラブに丸投げ 野々村チェアマン“大甘裁定”で違反増長か お家芸のルール違反「埼スタ怖くて行けない」の声