ノマドの窓~渡る世間はネタばかり~

さぁLet’S駄談! 閉塞状態の日常に必要な「どうでもいい話題」 雑談上手はデキる奴なのだ1/2ページ

マスク越しでも楽しめる! その名もザツダンエンターテインメント
マスク越しでも楽しめる! その名もザツダンエンターテインメント

「駄談会(だだんかい)」というトークイベントを大阪で始めたのは2018年10月だった。それまでも大きなホールからこぢんまりしたお座敷までピンキリの催しを企画・構成して来たが、この『駄談会』開催には特別な思いがあった。

私は長い間、芸能関連の学校で〝放送作家コース〟とか〝発想教室〟の類の講義をさせていただいている。そこでまず言うのが「君は雑談を上手にできますか?」ということ。とは言っても〝雑談がうまくなる方法〟を教えるわけではない。私が「この生徒はデキるな」と判断する基準が、雑談が上手いかどうかなのだ。

実際、仕事の現場でも、デキる人は話がうまい。例えば、帰りの方向が一緒になった時に口にするのは、①お互いがどちらもわかる共通の話題②ややこしい理屈ではなくわかりやすい出来事の報告③聞かされて不快になるような話は避けて少なくとも気分のいい内容④そして最後に大事なのは、その話が別にどうでもいいこと。

しばし無言になってしまって居づらくなる空気をしれっと払拭し「じゃあまた」と去って行く〝雑談の達人〟そんなメンツが集ってどうでもいい話を極めたいと思って始めたのが『駄談会』なのだ。

そのメンバーは、NHK「又吉直樹のヘウレーカ」でもお馴染みの大阪大学大学院教授にして浪花のいちびりおっちゃん―仲野徹氏と、毎日放送アナウンサーの西靖氏と私だ。それまで長い付き合いだったわけではなく、この3人なら〝究極の雑談〟ができるという直感。タイトルを「雑談会」ではなく〝駄〟という漢字に置き換えたのは「駄談」という勢いのある語呂の良さもあるが、決して〝駄〟では終わらない内容ですという自信の裏返し。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  4. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢