「人権侵害→人権状況」に「中国」「非難」の文字は削除 対中非難決議案、2月1日に採択へ 不十分として一部から不満も1/1ページ

国会は明確な態度を示せるのか
国会は明確な態度を示せるのか

中国当局による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難する国会決議について、自民党は2月1日にも採択する方向で各党と調整に入った。決議は昨年、複数の超党派国会議員連盟が各党に働きかけたが、自民、公明両党が難色を示し、2度も採択が見送られた。北京冬季五輪(2月4日開幕)前に、意思表示できるのか。

自民幹部は19日、国会内で立憲民主党、日本維新の会の幹部らと面会し、決議案文を示したうえで採択の日程などについても協議した。早期決議を求める声は与野党にあり、今国会の焦点の1つとなっている。

決議案は昨年末の自公間での修正協議で、当初案にあった「人権侵害」が「人権状況」に変わり、「非難決議案」から「非難」の2文字が削除された。「中国」という国名もなく、対中非難としては不十分として一部に不満も出ている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  5. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 妻との凄絶な20年ルポに共感 過食、飲酒依存、認知症…全国紙記者が出版「妻のおかげで見えるものが変わった」

  8. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【軍事のツボ】特別版10 従来の常識を覆すウクライナ戦争からみえてきたこと

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ