若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目1/1ページ

実戦形式の練習で激しく競り合う中谷(左)と脇坂=19日、千葉市内
実戦形式の練習で激しく競り合う中谷(左)と脇坂=19日、千葉市内

サッカーW杯アジア最終予選(27日・中国、2月1日・サウジアラビア=ともに埼スタ)に向けた国内組による合宿3日目が19日、千葉市内で行われ、森保ジャパンの肝となる攻守の切り替えを意識した実戦形式の練習などを実施した。

W杯イヤーの今年は、「新戦力」の台頭が待たれるが、森保一監督(53)は海外組とベテラン勢の起用を重視し「チームの序列はある」と明言。固定したメンバーを使い続けている。

この日、MF脇坂泰斗(26)=川崎=も「チャンスは少ないと思う」と覚悟。J1で今季3連覇を目指す川崎で副主将に決まり、一昨年引退した中村憲剛氏(41)の背番号「14」を継承することにもなったが、代表の出番は限られる。

昨季ルヴァン杯初優勝に貢献したDF中谷進之介(25)=名古屋=は主力組で紅白戦に出場も「今の立場ではW杯とかいうことはできない」と厳しい現実を見据えている。2人とも昨年3月に初招集されて以来の代表復帰。国内組の若手に向けた門戸が狭いことは一目瞭然だ。

今回の合宿にはFW大迫勇也(31)=神戸、DF長友佑都(35)=FC東京、酒井宏樹(31)=浦和=の3人も参加。長友はW杯最終予選のオーストラリア戦(昨年10月12日=埼スタ)で失点につながる致命的なミスがあった。

それでも森保監督は「いろんなデータをとっても(長友)佑都が批判を受けるようなデータは全く出ていない」と一蹴。負けられない天王山を前にして「国内組はどうせ本チャン(最終予選)では使われない」とJクラブ関係者がハッキリ口にするほどシラケムードが漂っているが、21日の対外試合を経て、22日に最終予選のメンバーが発表される。 (編集委員・久保武司)

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字