ネット騒然銘柄

脱炭素関連銘柄に注目集まる 子会社の韓国市場上場報道で「ダブル・スコープ」急伸1/1ページ

菅義偉前首相が「2030年までに温室効果ガス46%削減」を明言したことで脱炭素関連銘柄に注目が集まりやすくなっている。中でも、リチウムイオン電池や蓄電池といった「電池関連」は過去の経緯を見ても大相場を形成しやすい。

11日は、リチウムイオン電池のセパレーターメーカーであるダブル・スコープ(6619)がネット上でも多少のコメントを集めた。材料は、子会社が韓国市場への上場を計画していると韓国で報道されたことだ。同銘柄の株系掲示板では「電池盛り上がってきたな」「ダブル(株価2倍)は堅い」などウキウキが隠せないトレーダーを多く見かける。今後も、電池絡みの材料で株価が暴騰する銘柄が折に触れて出てくるだろう。

11日は、昨年以降、実に9回目となるシステム障害が発生したみずほフィナンシャルグループ(8411)も話題を集めた。社長交代を含めた経営刷新の計画が報道されているが、トップを代えることで同行への信用が回復するとは到底思えない。あるトレーダーは「ここのシステム障害は一生なくならなそう」とつぶやいていた。 (新井奈央)

【2022年1月13日発行紙面から】

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  5. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  6. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  7. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  8. 紺野美沙子さんも初出席、横審の定例会合で3大関をバッサリ「勝ち越したのが1人だけは残念」「クンロクならいい方」

  9. 小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か

  10. 浦和サポーター「声出し問題」クラブに丸投げ 野々村チェアマン“大甘裁定”で違反増長か お家芸のルール違反「埼スタ怖くて行けない」の声