寅年女いい女2022

王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み1/2ページ

王林
王林

この名前を聞いて、中国人かと思った人は不正解。彼女は地元・青森のご当地ダンス&ボーカルユニット「りんご娘」のメンバーでリーダー。りんごの品種からつけた芸名で、正確にいえば二代目王林。

現在は、伸び伸びとした天然キャラで「THE突破ファイル」(日本テレビ系)などバラエティー番組を席巻している。「日経エンタテインメント!」(日経BP)による「タレントパワーランキング2021」では、女性アイドル部門で5位にランクインしたことでも、その勢いは分かるというものだ。

「彼女は『THE突破ファイル』でも抜群の正解率を誇っています。この番組は危機的状況を乗り切る突拍子もないアイデアが問題になっていますが、誰もが頭を悩ませるようなアイデアを軽々と弾き出しているということは、彼女の発想自体が相当すごいということでしょう」とテレビ誌編集者は話す。

どうしても、その天然ぶりが先行してしまうことが、悩みの種のようだ。以前に出演したバラエティー番組でも、東京のテレビでは天然の部分がおばかキャラのように切り取られることに不満を抱き、「ただ笑われるだけなのが、腑に落ちない」と明かしたことも。

「突破~」でも分かるように、おばかキャラなのではなく、相当頭の回転が速い人なのだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ