成果なければ同盟危機、オンライン日米首脳会談 「覚悟見えずかなりの試練」「経済の軸足、切り込まれる可能性」 バイデン政権、日本を値踏みか1/4ページ

岸田文雄首相と、ジョー・バイデン米大統領は21日夜、オンライン形式で日米首脳会談を行う。歴代首相の多くは、就任後2カ月ほどで米大統領との対面会談に臨む。岸田首相も「早期訪米」を事実上の公約としてきたが、断念した。新型コロナウイルスの感染拡大が理由に挙げられているが、政界屈指の「親中派」外相の起用や言動などから、米国側が岸田政権に懸念を持っているとの見方は多い。注目のオンライン会談の展望と注文について、国会議員や識者に聞いた。

「核兵器のない世界の実現に向けて、まずは米国との信頼関係構築に努めたい。バイデン大統領とのテレビ電話会談でも、ともに取り組むことを確認したい」

岸田首相は19日、施政方針演説(17日)に対する代表質問で、こう答弁した。

外交筋によると、日本政府は岸田内閣が発足した昨年10月以降、岸田首相の早期訪米への理解と協力を米側に複数のルートを通じて要請してきた。バイデン政権は当初、前向きだったが、同11月の第2次内閣発足あたりから、風向きが変わった。

この背景について、自民党の青山繁晴参院議員は「私の情報源によると、バイデン政権は、中国当局による新疆ウイグル自治区での人権弾圧が問題視され、北京冬季五輪や秋の共産党大会が近づく時期に、岸田首相がわざわざ、日中友好議連会長の林芳正氏を外相にしたことに疑念を持った。林外相が訪中した際の振る舞いや、中国との『特別な関係』も把握している」と、夕刊フジの取材に明かした(17日発行号掲載)。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 【いま田中角栄あらば…】経済成長には地方の底上げが不可欠も…旧態依然のバラマキ政策でやり過ごす政治家 中央集権から真の地方自治へ、国土の平準化